• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 新着情報 > ニュース > 2月19日(木)、「国会による行政統制―ドイツの『議会留保』をめぐる憲法理論と実務」を開催します(付:プレスリリース)

2015年1月6日 2月19日(木)、「国会による行政統制―ドイツの『議会留保』をめぐる憲法理論と実務」を開催します(付:プレスリリース)

国立国会図書館では、平成27年2月19日(木)に国際政策セミナー(講演会)を開催いたします。基調講演者は、ドイツの代表的な公法学者の一人であり、議会の実務にも詳しいクリスティアン・ヴァルトホフ氏(ベルリン・フンボルト大学教授)です。重要な国政事項の決定には個別に議会の承認を必要とする「議会留保」の考え方と、その実務に与える影響等について、お話しいただきます。講演後は、行政法学、憲法学の専門家が加わり、パネルディスカッションを行います。

お申込み方法など詳細は、イベント・展示会情報をご覧ください。

このページの先頭へ