• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 新着情報 > ニュース > 約9万6千点のデジタル化資料を国立国会図書館の施設内で追加提供します

2012年7月19日 約9万6千点のデジタル化資料を国立国会図書館の施設内で追加提供します

国立国会図書館は、施設内で利用できるデジタル化資料のデータの追加提供をします。
7月19日(木)から、新たに自然科学分野の雑誌約8万点(約500タイトル)の提供を開始します。また、7月26日(木)から、戦前期図書約1万6千点の提供を開始します。
今回提供を開始する資料は著作権の処理が完了していないため、国立国会図書館の施設内のみで提供します。
これにより、国立国会図書館の施設内で提供するデジタル化資料の総数は約221万1千点となります(うち、インターネット上で提供するものは約40万点)。今回追加した館内限定資料のタイトルや目次の情報は、「国立国会図書館デジタル化資料」でインターネットでも検索できます。

このページの先頭へ