ホーム > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 遠隔研修のページ

遠隔研修のページ

国立国会図書館では、各種図書館の職員を対象に、YouTubeの「国立国会図書館公式チャンネル」で図書館および図書館情報学に関する研修を動画で提供しています。
現在提供している講座は以下のとおりです。なお、これらの研修の受講証明や修了証書発行は行っておりませんので、ご了承ください。

(1)レファレンス業務に関する研修

タイトル 内容 時間
議会資料の概要及び検索方法―国会の情報について知る
平成30年3月新規公開
国会で取り扱われる情報は、法律案や予算案などの議案から議員の質問や答弁の記録に至るまで多岐にわたります。それらの情報について、主にインターネットで調べる方法について学びます。 42分
官庁資料・政府情報の概要及び検索方法
平成30年3月新規公開
各府省は、所管する政策やその実施状況などについて、白書や統計等の刊行物にまとめ、公開しています。それらの特徴や、インターネットで調べる際に役立つウェブサイトなどをご紹介します。 17分
科学技術分野の調べ方 科学技術・医学分野のレファレンスに使用する情報源の種類とその特徴、求める情報への到達方法について、事例を用いて解説します。 60分
科学技術分野専門資料各論(規格、会議録) 科学技術関係資料のうち、特に規格と会議録をとりあげ、資料の概要を学び、調べ方の習得を目指します。 66分
近現代政治史料の概要―書簡を中心に 国立国会図書館憲政資料室所蔵の代表的な政治家の自筆書簡を主な題材として、書簡を中心とする近現代政治史料の解読に必要となる基礎知識の習得を目指します。
講師:季武嘉也氏(国立国会図書館客員調査員・創価大学教授)
121分
音楽資料概論―音楽資料とは何か 音楽情報の生成過程の概要と、特に楽譜やAV資料について、音楽資料の利用や検索にあたって必要となる基礎知識を学びます。
講師:伊藤真理氏(愛知淑徳大学教授)
85分
児童文学基礎講座:児童文学とは何かというとても難しい問題
平成30年3月新規公開
子どもが読む本でありながら、おとなによって書かれ、売り買いされ、評価されるという児童文学の特殊性と、その定義の難しさについて考えます。
講師:川端有子氏(日本女子大学教授)
79分
児童文学基礎講座:日本の児童文学―「声」の時代、「声」のわかれ
平成30年3月新規公開
児童文学と、それを子どもに読み聞かせる「声」の関わりを軸として、日本の児童文学の歴史を振り返り、また現在の問題について考えます。
講師:宮川健郎氏(武蔵野大学教授)
86分
児童文学基礎講座:英米を中心とした外国の児童文学―その歴史と概要―
平成30年3月新規公開
日本では翻訳をとおして読まれてきた外国の児童文学の歴史と、ファンタジーやリアリズム、冒険小説などのジャンルの発展について概観し、地域による特色や、時代・文化による変遷の歴史、日本での受容などについて、著名な作品を例に学びます。
講師:川端有子氏(日本女子大学教授)
105分

(2)国立国会図書館の業務、サービス及びデータベースに関する研修

タイトル 内容 時間
動画で見る資料保存:簡易補修 和紙とでんぷんのりを使った、簡易な補修のしかたについて学びます。
主に海外の方向けに、英語字幕付きの「Conservation of Paper Materials: Minor Repair」も提供しています。
28分
障害者サービスに使える国立国会図書館のサービス 障害者サービスを実施している各種図書館に対して国立国会図書館が行っている、様々な支援・協力事業を紹介します。 19分
国立国会図書館デジタルコレクションを日本研究で活用する 国立国会図書館デジタルコレクションの特徴や、海外からの利用・検索方法について学びます。
※この教材は英語字幕付きです。
17分

遠隔研修に関するお問い合わせ先

国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
メールアドレス:trainingアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ