• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成29年度の研修 > 司書と研究者のための日本関係資料研修のご案内

司書と研究者のための日本関係資料研修のご案内

国立国会図書館では、海外日本研究支援の一層の充実に資するため、海外で日本関係資料を扱う図書館員及び日本研究者等を対象に研修を実施します。研修参加者が日本情報の収集、提供等に関する知見を深める場とするとともに、研修参加者同士、研修参加者と当館職員・関係機関職員との交流の機会とします。ぜひご参加ください。

日程:
平成30年2月15日(木)~2月23日(金) ※土曜日および日曜日を除く7日間
主会場:
国立国会図書館関西館
(日本: 〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)
対象:
次の4点を満たす方とします。
(1) 海外の日本研究機関等に勤務する図書館員又は日本研究者若しくはそれに準ずる者であること。前者は業務経験3~10年程度、後者は博士課程在籍者又は修了者程度を想定する。
(2) 日本語の講義(図書館の専門用語を含む)を理解できる程度の日本語能力を備えていること。
(3) 渡航費および滞在費について、研修参加者が自ら負担できること。
(4) 所属地域における日本研究ネットワークに対して、研修の成果を還元する意思を有すること。
定員:
10名程度
参加費:
研修費は無料ですが、渡航費、滞在費、昼食費などは参加者の負担とします。
あらかじめ日本円をご用意ください。
申込方法:
氏名、所属機関を記載のうえ、メールで事務局(k-trainingアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー)に資料請求を行ってください。
事務局から参加申込書の様式をお送りしますので、必要事項を記入し、再度事務局にご送付ください。部分参加も可能です。
インターネットセキュリティ対策として、メールによる二段階の申込方式を採らせていただいております。お手数ですがご了承ください。
申込締切:
平成29年10月31日(火)17時(日本標準時)
先着順に受け付け、締切時に定員に空きがある場合は、受付を延長します。

 

※詳細は募集要項(PDF:284KB)をご覧ください。
※研修はすべて日本語で行います。
※研修終了後にアンケートにご協力いただきます。

 

研修科目、時間割および会場
プログラムの目標
  • 国立国会図書館の提供するサービスやデータベースについての基本的な知識を前提として、人文科学や議会官庁資料等、特定分野に関する日本情報の探し方を身に付ける。
  • 日本の大学および研究機関の図書館における現場見学や職員による講義を通じ、各機関の活動内容や、提供されている情報源を知り、よりよく使いこなせるようになる。
  • 国立国会図書館や訪問先機関の職員、また研修参加者相互のコミュニケーションを通じ、幅広い視点と知識を獲得する。
日付/会場 時間 科目
平成29年
2月15日(木)
国立国会図書館関西館
10:00~10:30 オリエンテーション
10:30~12:00 参加者自己紹介と関心等の共有
13:00~16:30 利用者登録、館内見学
NDLのデータベースの使い方
遠隔複写サービスの紹介
2月16日(金)
国立国会図書館関西館
10:00~11:30 人文分野の調べ方
13:00~16:30 議会資料・官庁資料の調べ方
16:30~17:30 懇談・意見交換
2月19日(月)
国際日本文化研究センター図書館
10:30~17:00 国際日本文化研究センター図書館見学・実習
2月20日(火)
国立国会図書館関西館
10:00~12:00 閲覧室自由利用
14:00~16:00 特別講義「くずし字学習アプリKuLAについて(仮)」
大阪大学 飯倉洋一教授
2月21日(水)
京都学・歴彩館/
立命館大学アート・リサーチセンター
10:30~13:00 京都学・歴彩館見学・実習
14:30~17:00 立命館大学アート・リサーチセンター見学・実習
2月22日(木)
奈良文化財研究所/
奈良国立博物館仏教美術資料研究センター
9:30~13:00 奈良文化財研究所見学・実習
14:30~17:30 奈良国立博物館仏教美術資料研究センター見学・実習
2月23日(金)
龍谷大学大宮図書館/
国立国会図書館関西館
10:30~13:00 龍谷大学大宮図書館見学・実習
15:00~17:30 報告会
修了証書授与
(※)
関西館および国際日本文化研究センター図書館の実習では、所蔵資料やデータベース、図書館サービスを自由に利用できる時間を設けています。

以下は前回(2017年1月)の研修の様子です。前回の詳細については「NDL Newsletter No.211」をご覧ください。

龍谷大学大宮図書館の写真

龍谷大学大宮図書館での古典籍に関する講義

国際日本文化研究センター図書館の写真

国際日本文化研究センター図書館での見学

立命館大学アート・リサーチセンターの写真

立命館大学アート・リサーチセンターでのデジタル化作業見学

申込み・問い合わせ先

国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
メールアドレス:k-trainingアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ