• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成28年度の研修 > 平成28年度レファレンス・サービス研修を実施しました

平成28年度レファレンス・サービス研修を実施しました

国立国会図書館は、平成28年10月20日(木)、21日(金)に東京本館で「レファレンス・サービス研修-法令・議会・官庁資料を中心に-」、平成28年12月15日(木)、16日(金)に関西館で「レファレンス・サービス研修-人文情報を中心に-」を実施しました。

両会場において、1日目は、九州大学附属図書館の渡邊由紀子准教授を講師に迎え、「レファレンスサービスの実態と課題」、「レファレンスプロセスとレファレンスインタビュー」、「探索戦略の立案」と題した講義・演習を行いました。

東京本館会場では、2日目は、当館職員が、法令・議会・官庁資料の調べ方に関する講義・演習を行いました。
関西館会場では、2日目は、当館職員が、当館のレファレンスツールに関する講義・演習、人文分野の調べ方に関する講義・演習を行いました。

東京本館会場では計31名(都道府県立図書館4名、市区町村立図書館8名、大学図書館14名、専門図書館5名)、関西館会場では計32名(都道府県立図書館5名、市区町村立図書館7名、大学図書館17名、専門図書館3名)の参加がありました。

終了後のアンケートでは、「直接的な質問回答以外のサービスも含め、レファレンス・サービスの全体像を知ることができた」、「ペアワークによる分析等を通じて日頃のサービスを振り返る機会となった」、「利用していても十分に活用できていなかったツールの使い方を知ることができた」という意見がありました。
この研修の配付資料の一部は、当館ホームページに別途掲載する予定です。

(国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係)

このページの先頭へ