• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成28年度の研修 > 平成28年度障害者サービス担当職員向け講座のご案内

平成28年度障害者サービス担当職員向け講座のご案内

国立国会図書館では、日本図書館協会との共催で、国内の図書館員を対象に、図書館における障害者サービスの基礎的な知識および技術の習得を目的とする講座を開催します。

日時

講義 平成28年12月13日(火曜日)および12月14日(水曜日)
実習 平成28年12月12日(月曜日)または12月15日(木曜日)
※講義は1日のみの受講も可能です。実習のみの申込みはできません。

会場

国立国会図書館関西館第1研修室(実習は外部機関)

対象

公共図書館職員および大学図書館職員。
定員に余裕のある場合は視覚障害者情報提供施設などの職員の参加も可とします(いずれも、経験年数、担当は問いません)。

参加費
無料
ただし、交通費および滞在費などは受講者の負担とします。
定員

30名(応募者多数の場合は調整します)

内容
12月13日(火曜日)講義
  • 「障害者サービスと障害者差別解消法」
  • 「障害者サービス用資料(入手方法、相互貸借、サピエ図書館・国会図書館サーチの活用方法)」
  • 「障害者向け機器の紹介」
  • 「著作権法と障害者サービス」
12月14日(水曜日)講義
  • 「視覚障害者への図書館サービス」
  • 「障害者サービスに使える国立国会図書館のサービス」
  • 「聴覚障害者への図書館サービス」
  • 「現場図書館職員のためのウェブアクセシビリティの基礎―伝わるウェブからの情報発信―」
  • 「発達障害のある利用者へのサービス」
12月12日(月曜日)または12月15日(木曜日)実習
  • 障害者サービスを行っている外部機関での実習
申込方法

講義と実習の両方を希望される方は、講義は国立国会図書館に、実習は日本図書館協会にそれぞれ受講申し込みが必要です。
申込方法や研修の詳細については、次のページをご覧ください。

問い合わせ先
国立国会図書館 関西館 図書館協力課 障害者図書館協力係
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
メールアドレス:syo-tkyアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー
FAX:0774-94-9117
電話:0774-98-1457

このページの先頭へ