• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成27年度の研修 > 第11回レファレンス協同データベース事業担当者研修会のご案内

第11回レファレンス協同データベース事業担当者研修会のご案内

レファレンス協同データベース事業参加館職員を対象とした、標記研修会の参加申込を受付中です。この研修会は、レファレンス協同データベースのシステム機能に関する知識と、データの作成・公開に必要な一通りの知識・技能を身につけていただくことを目的としています。
研修参加者が作成したデータに講師からコメントがもらえるなど、充実した内容を用意しています。ぜひご参加ください。

日時・会場
関西館会場

平成27年6月10日(水)10時30分~16時30分
国立国会図書館関西館 第1研修室

東京本館会場

平成27年7月1日(水)10時30分~16時30分
国立国会図書館東京本館 人事課大会議室(新館3階)

対象

レファレンス協同データベース事業参加館で、同事業を担当する方
(原則として1機関について1名。先着順、各会場それぞれ30名以内)

内容
午前の部

(1) 講義「レファレンス協同データベース・システムの機能とその活用」(図書館協力課協力ネットワーク係)

午後の部

(2) 講義「データ登録の意義!」(羽衣国際大学人間生活学部准教授 谷本達哉氏)
(3) グループ討議「『レファ協』に求められる事例データとは・・・事例へのコメントを材料に」(コーディネータ:谷本達哉氏)

※研修終了後、希望者を対象に交流会を予定しています(1時間程度)。

申込方法

下記ウェブフォームから、お申込みください。申込締切は、関西館会場は平成27年5月13日(水)、東京本館会場は平成27年5月20日(水)です。

事前課題・事後課題

研修参加者には、事前課題および事後課題を課します。詳しくは、以下をご覧ください。事前課題(1)の締切は、関西館会場が平成27年5月25日(月)、東京本館会場は平成27年6月5日(金)です。

修了証書

研修会に出席し、全ての課題を提出した研修参加者には、修了証書を発行します。

問い合わせ先
国立国会図書館 関西館 図書館協力課 協力ネットワーク係
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
電話:0774-98-1475(係直通) FAX:0774-94-9117
メールアドレス:info-crdアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ