• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成26年度の研修 > 「書誌データ利活用説明会」を開催しました

「書誌データ利活用説明会」を開催しました

書誌データ利活用説明会を、国立国会図書館東京本館(平成26年7月25日、参加者33名)および関西館(同8月22日、参加者23名)で開催しました。

この説明会は、学校図書館、公共図書館などの職員の方々を対象に開催しました。当館から、書誌データの概要・取得方法および具体的な利活用方法(一覧リストの作成)を説明しました。また、東京本館では埼玉県立新座高等学校および法政大学第二中・高等学校、関西館では帝塚山学院泉ヶ丘中学校高等学校および平安女学院中学校・高等学校から、書誌データの活用事例の紹介がありました。説明会終了後には個別質疑応答・相談の時間を設けました。
利活用事例の紹介では、API利用の便利さや無償利用など、当館の書誌データへの期待の大きさや様々な要望をうかがうことができました。また、参加者からは、当館の書誌データが使えるシステムに興味がでてきた、すぐに業務に反映し作業負荷が軽減できそうといった意見をいただき、とても盛況でした。

説明会で配布しました資料を、以下のページに掲載しましたのでご覧ください。

(国立国会図書館 収集書誌部 収集・書誌調整課)

このページの先頭へ