• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成25年度の研修 > 音楽資料・情報担当者セミナー(平成25年度)を実施しました

音楽資料・情報担当者セミナー(平成25年度)を実施しました

平成25年9月6日(金)に、一般社団法人次世代コンテンツ推進機構の協力を得て、東京本館において標記研修を実施し、各種図書館、博物館などから29名の参加がありました。
今年度は「音声・映像記録メディアの現状と課題、今後の展望」をテーマに、講義と報告、自由討論を行いました。

日本レコード協会理事の畑陽一郎氏が音楽流通の現状と将来について、日本図書館協会資料保存委員会委員・学習院大学非常勤講師の児玉優子氏が音声・映像記録メディアの取扱いと保存について講義を行いました。また、当館職員が当館所蔵の音声・映像記録メディアの収集・保存、利用環境などの現状について報告を行いました。この後、参加者を交えた自由討論を行い、所属機関の音声・映像記録メディアの保存や利用提供の現状や問題点などについて意見交換を行いました。

参加者によるアンケート結果では、「実際の業務に活かせそうな話をたくさん聞くことができた」「今回のセミナーのような形で他館の方々との情報交換等ができると大変有意義である」とおおむねご好評をいただきました。また、「本セミナーを今後も継続してほしい」との要望も寄せられました。

なお、本セミナーの講義資料は、次のページで公開しています。

○音楽資料・情報担当者セミナー(平成25年度)講義資料
 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8328552

(国立国会図書館 利用者サービス部 音楽映像資料課)

このページの先頭へ