• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成25年度の研修 > 「音楽資料・情報担当者セミナー(平成25年度)」のご案内

「音楽資料・情報担当者セミナー(平成25年度)」のご案内

国立国会図書館では、図書館、博物館、資料館などの職員を対象に、音楽資料・情報に関する知識と技術の向上に資することを目的として、標記セミナーを開催します。
本年度は「音声・映像記録メディアの現状と課題、今後の展望」をテーマに、
(1)配信音楽などを含めた音楽資料の生産・流通の現状と今後の展望
(2)音声・映像記録メディアの経年劣化、保存対策及び再生環境維持
について講義を行い、次いで当館から音声・映像記録メディアの現状、利用環境などについて報告を行います。講義および報告を受けて、参加者による質疑・自由討論を実施します。

日時: 平成25年9月6日(金)10:00~17:00
会場: 国立国会図書館東京本館 新館3階研修室
対象: 国内の音楽図書館、博物館、資料館などの職員で、音楽資料・情報を日常的に扱っている方。1機関原則1名。
定員: 20名(応募多数の場合は調整します。)
受講に要する経費:研修費は無料。ただし、交通費などは受講者の負担とします。
主催: 国立国会図書館
本セミナーの開催にあたっては(社)次世代コンテンツ推進機構にご協力いただいています。

内容:

音声・映像記録メディアの現状と課題、今後の展望
10:10~12:10 第1講 「音楽流通の現状と将来」
(日本レコード協会理事 畑陽一郎)
13:20~15:20 第2講 「音声・映像記録メディアの取扱いと保存-磁気テープと光学式ディスク-」
(日本図書館協会資料保存委員会委員・学習院大学非常勤講師児玉優子)
15:30~16:10 報告 「国立国会図書館の所蔵する音声・映像記録メディアの現状と利用環境などについて」
(国立国会図書館利用者サービス部音楽映像資料課 鈴木三智子)
16:10~ 16:55   質疑応答・自由討論

※今後の企画の参考とするため、研修終了時や後日、アンケートへのご協力をお願いする場合があります。

申込方法:
次の事項を明記の上、下記の申込み・問い合わせ先へ、電子メールでお申込みください。
(必須事項)

  • 氏名及びふりがな
  • 所属機関名・部署名・役職名
  • 所属機関の住所・電話番号・FAX番号
  • 電子メールアドレス
  • 音楽資料・情報の取扱い経験年数
  • セミナー参加希望の理由

(以下、各講義の参考資料にいたしますので、よろしければご回答をお願いいたします)
・所属機関での音声・映像資料の利用や保存の現状と課題
・所属機関での上記資料の利用環境の整備の現状と課題

申込締切:平成25年8月20日(火)17:00(必着)
※申込後3日以内に申込受領のご連絡をいたします。3日以内に連絡がない場合は、下記までお問い合わせください。また、締切後に受講の可否をご連絡します。

申込み・問い合わせ先
国立国会図書館 利用者サービス部 音楽映像資料課
メールアドレス:ongaku-semiアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー
電話:03-3581-2331(代表)内線25822

このページの先頭へ