• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 「都道府県総合目録の将来像に関する研究プロジェクト」ボランティア参加のお願い

「都道府県総合目録の将来像に関する研究プロジェクト」ボランティア参加のお願い

国立国会図書館と大学や公共図書館、民間企業が連携して行う標記プロジェクト(注)では、クラウドソーシングを利用した書誌同定高度化のための活動を平成29年2月14日(火)から開始しました。

これは、同じ図書に対して国立国会図書館の作成する書誌と公共図書館で使われる書誌の記述が異なるために起きる問題を解消するための活動です。具体的には、Web上に類似の図書の組み合わせが提示され、これを大勢のボランティアが同じものかどうか判断・判定していくというものです。この活動により、書誌割れの発見や、書誌のずれ方のルールを解明するなど、より良い図書館システム開発に有用なデータを得ることが期待できます。
今回の活動は、インターネットで図書館ボランティアを行う場を提供するL-Crowdプロジェクトの協力を得て行われ、当面は類似の図書の組み合わせ約56,000の同定を目指します。一つ一つの判定は数秒で行えるもので、どなたでも気軽にご参加いただけます。参加登録や認証なども不要ですので、ぜひご参加ください。

(注)本プロジェクトは、国立国会図書館および京都府立図書館、同志社大学図書館情報学研究室、筑波大学知的コミュニティ基盤センター、千葉大学附属図書館/アカデミック・リンク・センター、株式会社カーリルが連携して行うものです。

問い合わせ先
都道府県総合目録の将来像に関する研究プロジェクト
メールアドレス:future-unicat-prj-ml*klis.tsukuba.ac.jp(*を@に直してください)

このページの先頭へ