• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > レファレンス支援コーナー

レファレンス支援コーナー

このコーナーでは、みなさまの図書館のレファレンス・サービスに役立つ情報をご紹介します。

新着レファレンス情報

国立国会図書館では、各種分野に関するレファレンス・サービスを実施しています。ここでは、当館が新しく公開したレファレンス関連情報の一部をご案内します。

レファレンス事例

レファレンス協同データベースに新たな事例を掲載しました。

人文リンク集のご紹介(9)~人文総合情報室から~

「人文リンク集」から、調べものに便利なウェブサイトを順次、紹介しています。
今回は主に学術雑誌を採録対象としている索引のデータベースです。
学術雑誌(学会誌や大学紀要)の記事・論文は典拠文献が示されているので、調べものの端緒となります。また、研究者の追悼記事などは、特定の学問の歴史を調べる場合にも役立ちます。
掲載雑誌名や巻号、ページなど、ヒットした記事情報からそのまま記事本文をサイト上で閲覧できるサービスも発達しています。
サイトで記事本文が閲覧できないものは、その記事情報をメモし、別途、雑誌本体の当該号の所蔵を調べ、所蔵館で閲覧することになります。

記事索引・全文データベース

  • CiNii Articles(国立情報学研究所)
    2005年に運用開始。学協会から提供された記事情報や、当館の雑誌記事索引の情報が一度に検索できます。ヒットした記事情報の下にオレンジ色のボタンが表示される記事は、本文(PDFファイル)をオンラインで閲覧できます。
    学協会提供のものに含まれていれば明治期など戦前の研究論文も見つかります。
  • Google Scholar
    Googleによる学術系文献の検索サービスです。
    本文も検索できますが検索ノイズが多いです。
  • J-STAGE(科学技術振興機構)
    検索した書誌情報から本文が読めます。科学技術系の記事がほとんどですが、人文系の記事も若干含まれます。戦前の記事も少数あります。
  • NDL-OPAC(国立国会図書館)
    タブ「雑誌記事」を選択すると雑誌記事索引のみを検索できます。
    記事分類(記事の主題内容:1975~1995年分)や記事種別(書誌上の形式区分:1948~2011年分)を検索に使用できるのが利点です。
    1948年以降の総合誌や学術誌のほか、1996年から週刊誌なども採録されるようになりました。

リンク集


[人文リンク集] http://rnavi.ndl.go.jp/humanities/jinbunlinks.php


(国立国会図書館 利用者サービス部 人文課)

このページの先頭へ