• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 平成28年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-震災から6年経過した震災アーカイブの進化と深化-のお知らせ

平成28年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-震災から6年経過した震災アーカイブの進化と深化-のお知らせ

国立国会図書館は、東北大学災害科学国際研究所との共催により、平成29年1月20日(金)に、東日本大震災アーカイブ国際シンポジウムを東北大学にて開催します。
シンポジウムでは、発災直後から東日本大震災を対象としたアーカイブを構築したハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所のアンドルー・ゴードン教授の特別講演のほか、最新の震災アーカイブの事例報告などを行います。

日時

平成29年1月20日(金)13時~16時30分(開場12時30分~)

会場

東北大学災害科学国際研究所棟1階多目的ホール
(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)

内容
【特別講演】

「参加型デジタルアーカイブの可能性」
(ハーバード大学歴史学教授 アンドルー・ゴードン氏)
※講演は日本語で行います。

【報告】

「震災遺産を保全する(ふくしま震災遺産保全プロジェクト)」
「福島原子力事故関連情報アーカイブ(FNAA)について」
「ウェブサイトを保存する-国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)」
「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」
「近年の震災アーカイブの問題点と解決方法について」
「熊本地震におけるデジタルアーカイブ構築への課題と利活用の検討」

【パネルディスカッション】

登壇者全員

定員

200名
※事前申込み(先着順)が必要です。

参加費

無料

申込方法

詳細は次のページに掲載のシンポジウム案内をご覧ください。
みちのく震録伝(東北大学災害科学国際研究所)
http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp

問い合わせ先
東北大学 災害科学国際研究所
情報管理・社会連携部門災害アーカイブ研究分野(担当:小野、柴山)
電話:022-752-2099
メールアドレス:archiveforum*irides.tohoku.ac.jp(*を@に直してください)

このページの先頭へ