• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 国際シンポジウム「オープンサイエンスの潮流と図書館の役割」のお知らせ

国際シンポジウム「オープンサイエンスの潮流と図書館の役割」のお知らせ

国立国会図書館では、オープンサイエンスに対して積極的に取り組んでいる欧州研究図書館協会(LIBER)会長であるクリスティーナ・ホルミア=ポウタネン氏をお招きして、ヨーロッパの研究図書館や国立図書館の対応の現状をご講演いただきます。
あわせて、日本国内でオープンサイエンスを先導する専門家お二人が加わり、図書館が果たすべき役割等についてヨーロッパに学び、日本での在り方を考える鼎談を行います。
多くの方のご参加をお待ちしています。

講演:
「ヨーロッパの研究図書館におけるオープンサイエンスへの取組について」
クリスティーナ・ホルミア=ポウタネン氏(欧州研究図書館協会会長、フィンランド国立図書館図書館ネットワークサービス部長)
※同時通訳付(英⇔日)
「オープンサイエンス推進の国際的枠組みと日本の近況」
村山泰啓氏(国立研究開発法人 情報通信研究機構 統合ビッグデータ研究センター研究統括)
鼎談:
「オープンサイエンスの潮流と図書館の役割」
クリスティーナ・ホルミア=ポウタネン氏
喜連川優氏(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所長)
村山泰啓氏(※モデレータ)
日時:
平成28年11月15日(火)14時~16時30分(13時30分から受付開始)
場所:
国立国会図書館東京本館新館講堂
定員:
250名
参加費:
無料
申込方法:
詳細はイベント情報のページをご覧ください。
申込期限:
平成28年11月14日(月)

問い合わせ先
国立国会図書館 利用者サービス部 サービス企画課 レファレンス係
メールアドレス:sankirefアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ