• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 国際政策セミナー「家族のダイバーシティ―ヨーロッパの経験から考える―」のお知らせ

国際政策セミナー「家族のダイバーシティ―ヨーロッパの経験から考える―」のお知らせ

国立国会図書館では、平成28年11月11日(金)に国際政策セミナー(講演会)を開催いたします。
近年、国の内外で、同性カップルを認めるパートナーシップ制度が導入されるなど、家族の多様なありかたが社会的に注目されています。
2001年に生活パートナーシップ制度を導入したドイツから、有力な公法学者であるマルティン・ネッテスハイム氏をお招きして、ドイツの生活パートナーシップ制度の展開と、家族の多様性についてお話を伺います。あわせて、日本の著名な民法・憲法の専門家とのパネルディスカッションを行います。ご参加をお待ちしております。

日時:
平成28年11月11日(金)14時~17時
会場:
国立国会図書館 東京本館新館講堂
参加費:
無料
申込方法:
詳細はイベント情報のページをご覧ください。
基調講演
講演:
「家族のダイバーシティ―ヨーロッパの経験から考える―」
※同時通訳付(日⇔独)
講師:
マルティン・ネッテスハイム氏(テュービンゲン大学法学部教授)
パネルディスカッション
パネリスト(五十音順):
窪田 充見氏(神戸大学大学院法学研究科教授)
松原 光宏氏(中央大学法学部教授)
水野 紀子氏(東北大学大学院法学研究科教授)
山口 和人(当館専門調査員)
コーディネーター:
磯村 保氏(早稲田大学大学院法務研究科教授)

問い合わせ先
国立国会図書館 調査及び立法考査局 調査企画課 連携協力室(担当:福林・兼松)
メールアドレス:ml-ipseminarアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ