• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 情報行動の傾向や図書館に対する意識について調査を行いました

情報行動の傾向や図書館に対する意識について調査を行いました

国立国会図書館関西館図書館協力課では、平成26年度、「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」を実施しました。この調査は、当館の図書館協力事業の一環として実施したものです。調査結果のデータを公開していますので、多くの方にご利用、ご活用いただければ幸いです。

調査の概要
  • 調査対象:20歳以上の日本在住者(有効サンプル数5000件)
  • 調査方法:オンライン調査
  • 調査期間:平成26年12月12日(金)~12月17日(水)
  • 調査内容:「情報行動の傾向」「公共図書館の利用状況」「公共図書館への意識」に大別

「情報行動」とは、テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどから、どの程度情報を入手しているのかといったような行動のことを指します。近年劇的な変化を遂げている情報環境の中では、これからの図書館の在り方を検討するために、図書館を利用していない潜在的な利用者も対象に含めて、情報行動の傾向や図書館に対する意識を把握することが必要です。これらを把握するための調査を実施し、図書館関係者に今後の図書館の在り方の検討に資する基礎的な情報を提供することが、この調査の目的です。

データを幅広くご活用ください

公開しているものは、調査により得られたデータそのものです。データを分析して何らかの結論を導き出してはいません。図書館情報学分野の研究利用や図書館における利用者像の分析など、公開しているデータを図書館関係者に活用していただくことを目的としています。さまざまな観点から分析する、あるいは他のデータと組み合わせて分析するなど、幅広くご活用ください。

問い合わせ先
国立国会図書館 関西館 図書館協力課 調査情報係
メールアドレス:chojoアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ