• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された脚本の提供を開始します

日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された脚本の提供を開始します

国立国会図書館では、平成26年4月17日(木)から、日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された脚本の提供を開始します。
脚本は、出版物とは異なり、これまで体系的に保存する体制がとられてこなかったため、散逸・消失の危機にさらされています。特に1980年以前の作品は、脚本だけではなく番組の映像・音声自体もほとんど残っていません。
このような状況を受け、日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから、1980年以前の放送脚本約2万7千点が当館に寄贈されました。寄贈された脚本は、作品の内容や番組の制作過程、当時の文化などをうかがい知ることのできる貴重な資料といえます。
東京本館新館1階の電子資料室では、寄贈された脚本の一部を展示していますので、あわせてご覧ください。

提供を開始した資料

日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された、1980年以前のテレビ・ラジオ番組の脚本・台本 約2万7千点

提供場所

東京本館新館1階 音楽・映像資料室
(開室時間 9時30分~17時 資料請求受付時間 9時30分~16時)

利用上の注意

調査・研究を目的とする場合に限り利用できます。利用する場合は閲覧許可申請書に調査目的や研究テーマなどを記入のうえ提出してください。
著作権法などの認める範囲内で複写することができます。ただし、一部の資料は劣化などの理由で複写できない場合があります。

所蔵する脚本のリストや利用方法の詳細はリサーチ・ナビに掲載する予定です。

(国立国会図書館 利用者サービス部 音楽映像資料課)

このページの先頭へ