• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 日本研究支援シンポジウム「海外の日本研究に対して日本の図書館は何ができるのか」のご案内 (終了しました)

日本研究支援シンポジウム「海外の日本研究に対して日本の図書館は何ができるのか」のご案内 (終了しました)

国立国会図書館では、海外の日本研究支援のために日本の図書館に求められている役割を明らかにし、当館および国内の図書館による海外の日本研究支援の一層の充実に資することを目的として、海外の日本研究専門団体等のメンバーを招へいし、シンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

日時   :
平成26年1月30日(木)午後2時~午後5時30分
会場   :
国立国会図書館 東京本館 新館3階大会議室
アクセス方法は次のページをご参照ください。
http://www.ndl.go.jp/jp/event/tokyo_conf_room.html
内容   :
基調講演  和田敦彦氏(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)」
「海外の日本研究と日本の図書館の役割-北米、及び東南アジアの事例から」
パネルディスカッション:「海外の日本研究のために日本の図書館は何ができるのか」
パネリスト:
ウィリー・ヴァンデワラ氏(ルーヴェン・カトリック大学教授、日本資料専門家欧州協会(EAJRS)臨時代理会長)
江上敏哲氏(国際日本文化研究センター資料課資料利用係長)
篠崎まゆみ氏(オーストラリア国立図書館 資料管理部 海外資料課 アジア資料担当日本語主任司書)
ジョ・ヘリン氏(韓国国立中央図書館 デジタル情報利用課 企画・運営担当主務官)
マクヴェイ山田久仁子氏(ハーバード燕京図書館司書、北米日本研究資料調整協議会(NCC)議長、東亜図書館協会(CEAL)メンバー)
和田敦彦氏
コーディネータ:南亮一(国立国会図書館関西館図書館協力課長)
参加費 :
無料
定員   :
90名
※応募多数の場合は調整させていただく場合があります。
申込方法:
下記のとおり、必要事項を記載の上、電子メールでお申込みください。メールの件名は「日本研究支援シンポジウム申込み」としてください。
【申込先アドレス】knssympoアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー
【必要事項】
(1)お名前(ふりがな)
(2)ご所属
(3)電話番号(緊急時の連絡用)
※電子メールでのお申込みができない場合は、問い合わせ先までご相談ください。
申込締切:
平成26年1月23日(木)

問い合わせ先
国立国会図書館関西館 図書館協力課 研修交流係
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
電話:0774-98-1444 メールアドレス:trainingアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ