• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > デジタル化資料送信サービスを開始します

デジタル化資料送信サービスを開始します

国立国会図書館では、平成26年1月21日(火)から、図書館向けデジタル化資料送信サービスを開始します。
国立国会図書館がデジタル化した資料は、その多くが国立国会図書館の施設内での利用に限られていましたが、今後は国立国会図書館の承認を受けた全国の図書館で閲覧・複写が行えるようになります。

利用できる資料

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難なものが対象です。サービス開始当初は、約131万点の資料が利用できます。

利用できる図書館

公共図書館、大学図書館等、著作権法第31条第1項の適用を受ける図書館等が対象です。現在約90館から申請があり、これらの図書館で順次利用できるようになる見込みです。
引き続き、このサービスを利用する図書館を募集しています。多くの図書館からのお申し込みをお待ちしています。

利用できる資料・図書館の一覧、サービスを利用するための要件や申請方法については、次のページをご覧ください。

問い合わせ先
デジタル化資料送信サービス お問い合わせ窓口
(国立国会図書館関西館 文献提供課 複写貸出係)
メールアドレス:digi-soshinアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー
電話:0774-98-1330(直通)

このページの先頭へ