• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 平成25年度 国立国会図書館長と都道府県立及び政令指定都市立図書館長との懇談会を開催しました

平成25年度 国立国会図書館長と都道府県立及び政令指定都市立図書館長との懇談会を開催しました

平成25年6月27日(木)、東京本館で標記懇談会を開催しました。この懇談会は、当館と公共図書館との協力・連携の推進を図ることを目的として開催するもので、今年で49回目になります。今回は、全国の都道府県立及び政令指定都市立図書館など68機関から76名の参加がありました。

懇談会に先立ち、当館の見学会を行い、約60名が参加しました。懇談会では、当館館長及び全国公共図書館協議会会長の開会挨拶、文部科学省生涯学習政策局社会教育課長による報告に続いて、当館から、「私たちの使命・目標2012‐2016」及び「戦略的目標」に沿って、オンライン資料収集制度(eデポ)、デジタル化資料の図書館等への送信や東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)の構築などの1年の動きと東日本大震災の記録などの収集に関する当館の取組について報告しました。

また、宮城県図書館からは、東日本大震災の記録などの収集と保存の取組について、兵庫県立図書館からは、阪神・淡路大震災関連資料の他機関との連携による収集・活用などについて報告がありました。その後、質疑応答・懇談を行い、映像資料の収集保存に関する取組、公文書館や博物館、美術館との連携、東日本大震災アーカイブで収集した各種データの有効活用の必要性に関して、当館に対する質問や意見が寄せられました。

(国立国会図書館 総務部 支部図書館・協力課)

このページの先頭へ