• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > オンライン資料収集制度(eデポ)が7月1日から始まります

オンライン資料収集制度(eデポ)が7月1日から始まります

平成25年7月1日(月)に改正国立国会図書館法が施行され、オンライン資料収集制度(愛称:eデポ)が始まります。これにより、文化財の蓄積およびその利用に資するため、納本制度に準じ、民間(私立の図書館等を含む)で出版されたオンライン資料(電子書籍、電子雑誌等)を国立国会図書館に納入することが義務付けられます。

<納入義務者>
オンライン資料をインターネット等により広く公衆に利用可能とし、または送信した者(出版者)です。

<納入の対象となる資料>
納入の対象となるのは、当面、無償かつDRM(技術的制限手段)のないオンライン資料で、以下のいずれかに該当する資料です。
(1)特定のコード(ISBN、ISSN、DOI)が付与されたもの
(2)特定のフォーマット(PDF、EPUB、DAISY)で作成されたもの
例えば、インターネット上で無料で提供されている、年鑑、要覧、機関誌、調査報告書、事業報告書、学術論文、紀要、技報、ニュースレター、小説、実用書、児童書などが納入の対象になります。
 なお、以下の資料等は納入の対象ではありません。

  • 簡易なもの(各種案内、商品カタログ、学級通信等)
  • 内容に増減・変更がないもの
  • 申込み・承諾等の事務が目的であるもの(電子商取引等)
  • 紙の図書・雑誌と同一版面であることが確認できたもの
  • 長期利用目的でかつ消去されないもの(大学の機関リポジトリ等)
  • 平成25年7月1日(月)以前に出版されたもの

<納入方法>
 以下のいずれかの方法で納入していただきます。

  • 申出に基づく自動収集
  • 送信
  • DVD-Rでの送付

 ※ただし、送信による納入は平成26年早期に開始予定です。

<利用提供方法>
 納入された資料は、国立国会図書館の施設内において閲覧サービスを行います。閲覧サービスの提供開始は平成25年10月を予定しています。

 eデポに関する詳細は当館ホームページをご覧ください。ご理解、ご協力をお願いします。

○オンライン資料収集制度
 http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/online_data.html

問い合わせ先:
 国立国会図書館 関西館 電子図書館課
 メールアドレス:onlineアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ