• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 図書館調査研究リポートNo.14「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」を刊行しました

図書館調査研究リポートNo.14「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」を刊行しました

 国立国会図書館は、平成24年度に図書館及び図書館情報学に関する調査研究「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」を実施し、その成果を『図書館調査研究リポート』No.14として刊行しました。
 報告書の第1章「レファレンスサービスの実態はどうなっているか?」は、国内の各種図書館5,258機関に対する質問紙調査の結果をまとめたものです。第2章「情報・調査を必要とする者の認識はどうなっているのか?」は、震災時のボランティア、一次産業従事者、研究者の方々合計27名を対象とするグループインタビューの記録とその分析を掲載しています。続く第3章「情報・調査ニーズに応える図書館の実現へ向けて、何を志向すべきか?」は、これらの調査結果に基づき、調査研究チームが設定した4つの観点から考察を加えています。さらに、「レファレンスサービスの展望:おわりに代えて」では、報告書の総括として、今後のレファレンスサービスを展望するための課題を8つにまとめ、提示しています。
 報告書のPDF版、また、質問紙調査の集計表と回答データは、カレントアウェアネス・ポータルで提供しています。レファレンスサービス、さらには図書館のこれからを考える素材として、活用していただければ幸いです。

○図書館調査研究リポート No.14 「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」
 http://current.ndl.go.jp/report/no14
○調査研究
 http://current.ndl.go.jp/research

(国立国会図書館 関西館 図書館協力課 調査情報係)

このページの先頭へ