• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > デジタル化した日本占領関係資料とプランゲ文庫を公開しました

デジタル化した日本占領関係資料とプランゲ文庫を公開しました

 国立国会図書館は、平成25年3月7日(木)に、日本占領関係資料を「国立国会図書館デジタル化資料」で公開しました。今回公開した日本占領関係資料は、米国戦略爆撃調査団(USSBS)文書約1万7千点と、極東軍文書約700点で構成されています。USSBS文書はインターネット公開、極東軍文書は国立国会図書館の施設内でのみ閲覧できます。各文書の概要は次のページをご覧ください。

○米国戦略爆撃調査団文書
 http://rnavi.ndl.go.jp/kensei/entry/USB.php
○極東軍文書
 http://rnavi.ndl.go.jp/kensei/entry/FECOM.php

 また、3月21日(木)には、プランゲ文庫も「国立国会図書館デジタル化資料」で公開しました。プランゲ文庫は、戦後GHQが検閲のために集めた日本国内の出版物で、米国メリーランド大学で所蔵しています。今回公開したのはそのうちの一般図書約3400点で、国立国会図書館の施設内に限り、閲覧できます。プランゲ文庫の概要は次のページをご覧ください。

○プランゲ文庫
 http://rnavi.ndl.go.jp/kensei/entry/Prange.php

 以上により、平成25年4月現在、国立国会図書館が提供するデジタル化資料の総数は約225万点、このうちインターネットからご利用いただけるものは約47万点になりました。

■提供URL
○国立国会図書館デジタル化資料
 http://dl.ndl.go.jp/
 日本占領関係資料やプランゲ文庫を含む、国立国会図書館が提供するすべてのデジタル化資料を検索できます。インターネットに公開している資料は本文画像を閲覧できます。館内限定公開資料は、国立国会図書館の施設内でのみ閲覧できます。

(国立国会図書館 関西館 電子図書館課 電子化資料提供係)

このページの先頭へ