ホーム > 関西館 > 関西館の見学について > 関西館バーチャルツアー > 閲覧室

閲覧室

閲覧室立体配置図
写真: 閲覧席

関西館の閲覧室は地下1階にあります。広さは約4,500m2、閲覧席は約360席で、多くの座席に端末が置かれ、蔵書検索やデジタル化された資料の閲覧などができるようになっています。
閲覧室は総合閲覧室とアジア情報室から構成され、中央に総合案内カウンター・アジア情報案内が設置されています。

写真: 総合案内カウンター・アジア情報案内

< 総合案内カウンター・アジア情報案内 >

総合閲覧室には、事典、辞書、便覧及び抄録・索引誌など調査研究に必要な参考図書など約9万冊、アジア情報室にはアジア関係の図書、雑誌、新聞など約3万冊の資料が開架されています。
閲覧室資料配置図

写真: 閲覧室の書架

< 書架 >

閲覧室の端には書庫の資料を受け取ったり返したりする貸付・返却カウンターがあります。

写真: 貸付カウンター

< 貸付カウンター >

閲覧室の概要については「閲覧室案内」もご覧ください。

このページの先頭へ