• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 過去の展示会 > 第17回 関西館小展示「明日のレシピはフルコース-作りたい味を見つけよう-」

第17回 関西館小展示「明日のレシピはフルコース-作りたい味を見つけよう-」
(終了しました)

第17回関西館小展示「明日のレシピはフルコース 作りたい味を見つけよう」チラシ

第17回の関西館小展示では「明日のレシピはフルコース-作りたい味を見つけよう-」と題し、定番メニューから、和食、各国料理、明治・大正・昭和初期の料理書など、関西館が所蔵するレシピ本を約570冊、展示します。アジア関係資料を多く所蔵する関西館ならではのアジア諸国のレシピもあります。

一部の古い資料を除いて、およそ550冊は手にとってゆっくり見ることができます。読んで楽しい、作っておいしい。そんなレシピの世界を関西館で心ゆくまで味わって、作りたい味を見つけてください。

また、関連イベントとして、東四柳祥子氏(梅花女子大学食文化学部講師)による講演会「お皿の上の近代史~明治・大正期の料理書をよみとく~」も実施します。ぜひご参加ください。

明治時代の料理書から(資料紹介)

西洋料理指南(雁金書屋、1872年)の表紙

『西洋料理指南 』(雁金書屋、1872年)
本書の序では、栄養豊富な西洋料理によって強壮な体を作ることで国家に奉仕できると述べられており、書かれた時代を感じることができます。また調理法の説明のみならず、調理器具や食器などの挿絵による図解も豊富で、牛の脳や舌、腎臓など日本人の食生活からはかけ離れた食材も扱われています。

今回の展示では復刻版で本書を見ていただくことができます。

『近代料理書集成 : 日本の食文化史. 第1巻 (西洋料理 1) 』(クレス出版、2012年)

素人庖丁 : 即席料理.下』(赤志忠雅堂、1893年)の表紙

『素人庖丁 : 即席料理. 下 』(赤志忠雅堂、1893年)
江戸時代に刊行された『素人庖丁』[1803-1820]を下敷きとした料理書です。本書には巻末にわずかですが、西洋料理のレシピが加えられており、「サンドイチ」「コロッケ」「カレイ」といったメニューを見ることができます。本書に書かれた「カレイ」のレシピでは葱や生姜が使われ、飯に関する記述がないなど、現在のカレーとは趣の異なったものになっています。

食パンの製法及び衛生菓子の拵へ方(日野三郎、1906年)の表紙

『食パンの製法及び衛生菓子の拵へ方 』 (日野三郎、1906年)
あんパンで知られる木村屋の主人が著したものです。食パンの焼き方から玉子やジャムなどのサンドイッチのレシピ、衛生菓子(ビスケット、西洋葛餅(熱した牛乳に葛を溶いて作った餅)、アイスクリームなど)の作り方が主人の語り口調で書かれています。ホップを用いたパン種の作り方から書かれた食パンの製法は、家庭向きのレシピでありながら非常に手間暇のかかるものとなっています。

日時 2015年 1月22日(木) ~3月17日(火) 10:00~18:00 ※休館日(日曜・祝日、第3水曜日)を除く
会場 国立国会図書館 関西館 地下1階 閲覧室
参加費 無料
お問い合わせ先 0774-98-1341 (関西館資料案内)