• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 過去の展示会 > 企画展示 「あの人の直筆」

企画展示 「あの人の直筆」
(終了しました)

国立国会図書館では、国内外の出版物以外にも、様々な資料を所蔵しています。

今年の企画展示では、日本の近世から戦後にかけて各分野で活躍した有名人約150人の直筆資料を集めました。お札になったあの人、教科書に載っているあの人。いったいどんな字を書いたのでしょうか。絵画や、今春から提供を開始した脚本の原稿も展示します。是非、「あの人」の書いた字や描いた絵をご覧ください。

お知らせ

  • ギャラリートーク追加開催
    11月1日(土)と11月4日(火)、好評につき、企画展示「あの人の直筆」ギャラリートーク(古典籍資料を中心に)を追加開催します。詳細はイベントのお知らせをご覧ください。

おもな展示資料

1.亡友帖(坂本龍馬、中岡慎太郎、高杉晋作、木戸孝允など)
【石田英吉関係文書1】
土佐藩士石田英吉が、亡き友をしのんで書簡等を軸に仕立てたもの。坂本龍馬が船中八策をもとに書いた「新政府綱領八策」も含まれています(画像の左上)。全長7.2メートルのすべてを広げて展示するのは今回が初めてです。

2.細川ガラシャ 書簡 特別展示
【WA25-35】
侍女に宛てたもの。美しい散らし書きにより、周囲の者を気遣う内容が書かれています。(※後期はガラシャの別の書簡を展示します)

3.夏目漱石 葉書(正岡子規宛)
【本別3-85】
学生時代の漱石が、子規に「追試を受けたほうがいい」と勧める葉書。しかし子規は追試を受けず落第してしまいます。

4.勝海舟自画自賛
【勝海舟関係文書43】
自画像の横には「小事にこだわらないのは自分の気質であるから、朝廷にあれば参議、在野にあれば散人となるが、いずれにしても、心持ちはさっぱりとして時世を見ている」という内容が書かれています。

展示会構成とその他の主な「あの人」

  • 第一部:近世
    • 為政者とその周辺…徳川慶喜、徳川斉昭、二宮尊徳
    • 著作をめぐって(国学者、戯作者)…本居宣長、曲亭馬琴
    • 科学の眼(本草学者、蘭学者)…シーボルト、杉田玄白、高野長英
  • 第二部:近現代
    • 幕末・維新の人々…西郷隆盛、吉田松陰、勝海舟、板垣退助、大久保利通、福沢諭吉
    • 歴代首相…伊藤博文、原敬、吉田茂、鳩山一郎
    • 議会政治家…尾崎行雄、浅沼稲次郎、市川房枝
    • 日露戦争の軍人…秋山真之、乃木希典
    • 明治の経済人…岩崎弥太郎、渋沢栄一
    • 教育家…津田梅子、嘉納治五郎
    • 学者…牧野富太郎、南方熊楠、野口英世、和辻哲郎
    • 文芸家…泉鏡花、正岡子規、芥川龍之介、与謝野晶子、柳原白蓮、谷崎潤一郎、司馬遼太郎
    • 芸術家…岡倉天心、横山大観、北大路魯山人
    • 絵画…河鍋暁斎、浅井忠、川瀬巴水、藤田嗣治、狩野芳崖
    • 署名…江戸川乱歩、三島由紀夫
    • 家族への手紙…陸奥宗光、白洲正子
    • 日記…斎藤実、芦田均
    • 脚本…菊田一夫、藤村志保、三田佳子
    • その他…副島種臣

紹介人物一覧

出展資料一覧(デジタルコレクション等へのリンクつき)

簡易図録

イベントのお知らせ

  • フロアレクチャー
    10月28日(火)、11月11日(火) 近代の政治家を中心に
    講師:季武嘉也(創価大学文学部教授 国立国会図書館客員調査員)
  • ギャラリートーク
    10月25日(土)、11月1日(土)※、11月4日(火)※、11月8日(土) 当館担当職員が見所をお話しします。
    ※は古典籍中心のトークです。

いずれも14:00から40分程度。申込不要。展示会場受付にお集まりください。

Facebookページ「国立国会図書館の展示(東京・関西)」のお知らせ

ソーシャルネットワーキングサービスFacebookの公式ページを用いて、東京本館・関西館の展示会に関する情報を発信しています。

日時 2014年 10月18日(土) ~11月18日(火)
日・祝除く
10時~19時(土曜日は18時終了)
※展示替え、展示箇所の変更を行います。
(前期)10月18日(土)~11月1日(土)
(後期)11月4日(火)~11月18日(火)
会場 国立国会図書館 東京本館 新館1階 展示室
※展示観覧のみは入館手続き不要です。
※18歳未満の方もご覧いただけます。
参加費 入場無料
お問い合わせ先 国立国会図書館 利用者サービス部
サービス企画課 展示企画係
電話:03-3506-5260(直通)
メールアドレス:tenji-kikakuアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー