• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2015年度のイベント > 第17回図書館総合展 フォーラム 「人は図書館をどのように思っているのか」を知るために―「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の概要と利活用―

第17回図書館総合展 フォーラム 「人は図書館をどのように思っているのか」を知るために―「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の概要と利活用―
(終了しました)

国立国会図書館は、図書館に関する国内最大の展示会である、第17回図書館総合展に参加し、フォーラムを開催しました。

インターネットやテレビ、新聞等、情報源が多様化する現在、人はどのような手段で情報を得ているのでしょうか。一方、人はどのような目的で図書館に来るのでしょうか。図書館はどのような役割を期待されているのでしょうか。

国立国会図書館では、図書館利用者に加え日頃図書館を使わない人々も対象にして、情報行動の傾向や図書館に関する意識等について、平成26年度に調査を行いました。調査結果はカレントアウェアネス・ポータルから公開しています。

このフォーラムでは、調査の概要を紹介するとともに、この調査結果をどのように利活用することができるか可能性を探りました。

また、展示ブースでは国立国会図書館のサービス等に関するプレゼンテーションや業務紹介を行いました。

日時 2015年 11月12日(木) 10時00分~11時30分
会場 パシフィコ横浜展示ホール第8会場
パシフィコ横浜へのアクセス
プログラム

「人は図書館をどのように思っているのか」を知るために―「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の概要と利活用―

募集人数 100人
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 申込みの締切は11月5日(木)の予定です。人数に達した場合、早めに締め切ることがあります。
お問い合わせ先 国立国会図書館 総務部総務課広報係
電話:03-3581-2331(代表)
FAX:03-3597-5617
電子メール: koho@ndl.go.jp