• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2014年度のイベント > 第16回図書館総合展 フォーラム「東日本大震災に関する記録の収集・整理・保存について―国立国会図書館・大学図書館・県立図書館の取組―」

第16回図書館総合展 フォーラム「東日本大震災に関する記録の収集・整理・保存について―国立国会図書館・大学図書館・県立図書館の取組―」
(終了しました)

国立国会図書館は、図書館に関する国内最大の展示会である、第16回図書館総合展に参加し、フォーラムを開催します。

本フォーラムでは、記録の散逸・消失を防ぎ、次世代へ伝えていくための方法について考えます。

東日本大震災に関し、国全体としてのアーカイブ構築を目指す国立国会図書館からは、震災に関連する紙資料・音声・動画・写真・ウェブ情報等を包括的に検索することができる「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称ひなぎく)」事業等を紹介します。「学校法人東北学院デジタルアーカイブ 東日本大震災の記録 Remembering3.11」を公開する東北学院大学図書館と、「岩手県立図書館 東日本大震災情報ポータル」を公開する岩手県立図書館からは、被災地域における震災記録の収集・整理・保存の取組について報告します。

今後の防災・減災等のために、これから震災記録の収集・整理・保存に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

また、展示ブースではプレゼンテーション等で国立国会図書館のサービスをご紹介します。

プログラム

「東日本大震災に関する記録の収集・整理・保存について―国立国会図書館・大学図書館・県立図書館の取組―」

  • 「東日本大震災に関する国立国会図書館の取組」 諏訪康子(国立国会図書館電子情報部)
  • 「東北学院東日本大震災アーカイブプロジェクト 「学校法人東北学院デジタルアーカイブ 東日本大震災の記録 Remembering3.11」事例報告」 佐藤恵(東北学院大学中央図書館)
  • 「岩手県立図書館における震災記録に関する取組みについて」 澤口祐子(岩手県教育委員会事務局生涯学習文化課特命課長(岩手県立図書館勤務))

※講演の題名はすべて仮題です。

日時 2014年 11月7日(金) 13時00分~14時30分
会場 パシフィコ横浜 展示ホール
第8会場
募集人数 100人
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 申込みの締切は11月5日(水)17時です。人数に達した場合、早めに締め切ることがあります。
お問い合わせ先 国立国会図書館 総務部総務課広報係
電話:03-3581-2331(代表)
FAX:03-3597-5617
電子メール:koho@ndl.go.jp