• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2014年度のイベント > 講演会 「お皿の上の近代史 ~明治・大正期の料理書をよみとく~」

講演会 「お皿の上の近代史 ~明治・大正期の料理書をよみとく~」
(終了しました)

東四柳祥子(ひがしよつやなぎしょうこ)氏の肖像写真

第17回の関西館小展示では「明日のレシピはフルコース -作りたい味を見つけよう-」と題し、色とりどりのレシピ本を約570冊、紹介します。この関連イベントとして、東四柳祥子氏(梅花女子大学食文化学部講師)をお招きし、講演会「お皿の上の近代史 ~明治・大正期の料理書をよみとく~」を開催します。

幕末の開国とともに受容された西洋食文化は、それまでの日本の食生活を一変させました。「異国の味」が徐々に日本の生活文化の中に溶け込んでいくと同時に、西洋からの新しい食材や調理法を日本に根付かせようと立ち上がった先人たちによって、多くの料理書が刊行され、「バラエティ」豊かな日本の家庭料理が誕生するきっかけになりました。明治・大正期の料理書を紐解きながら、異国の食文化と向き合い、試行錯誤を繰り返した日本人のドラマをご紹介します。

また、講演会当日は小展示の見学会も開催する予定です。

講師の紹介
梅花女子大学食文化学部講師 東四柳 祥子(ひがしよつやなぎ しょうこ)氏
  • 平成26年から農林水産省「和食の保護・継承を考える検討会」委員を務める。
  • 専門分野は比較食文化論。
  • 主な著書に『近代料理書の世界』(共著)、『日本食物史』(共著)、『日本の食文化史年表』(共編)、『料理すること その変容と社会性』(共著)など。
日時 2015年 3月14日(土) 14時00分~16時00分
会場 国立国会図書館 関西館 1階 第一研修室
募集人数 70名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
お問い合わせ先 0774-98-1225 (関西館総務課)