• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2012年度のイベント > 日本専門家ワークショップ2013 シンポジウム「なぜ今、海外日本研究支援か?」

日本専門家ワークショップ2013 シンポジウム「なぜ今、海外日本研究支援か?」
(終了しました)


案内ちらし(PDF file: 556KB)

 国立国会図書館は、国際文化会館との共催により、日本専門家ワークショップ2013 シンポジウム「なぜ今、海外日本研究支援か?」を開催します。
 日本専門家ワークショップは、次世代の海外の日本情報専門家及び日本研究者の育成および人的ネットワークの構築を促進し、日本研究の発展を支援する目的で、国際交流基金の助成を受け、3か年計画(平成22~24年度)で実施しています。過去2年間は、海外で活動する日本専門家を対象に、講義・実地調査などのプログラムを実施してきました。
 今年度は、過去2年間の本ワークショップの参加者代表、海外の日本研究団体および国内の専門機関(日本情報の発信や海外向けの研修などを実施している機関)を招いたシンポジウムを開催します。
 本ワークショップの成果を検証するとともに、海外と国内の関係団体の連携を強化し、海外における日本研究の発展のためにそれぞれが果たすべき役割について、意見や情報の交換を行います。多くの方のご参加をお待ちしています。

プログラム

  • 基調講演「なぜ今、海外日本研究支援か?」(仮題)
    樺山紘一氏(印刷博物館館長、東京大学名誉教授)
  • 成果紹介(1)「日本専門家ワークショップとは何か?」
    過去2年間のワークショップ参加者4名による報告
  • 現状報告「海外日本研究支援の現状と課題」
    国際交流基金、国際日本文化研究センター、国際文化会館、国立国会図書館
  • 成果紹介(2)「日本専門家育成戦略会議について」
    スヴェン・サーラ氏(上智大学准教授)
    小出いずみ氏(渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター長)
  • 座談会「海外日本研究支援は今後どうあるべきか」
    樺山紘一氏(印刷博物館館長、東京大学名誉教授)
    小松和彦氏(国際日本文化研究センター所長)
    ハラルド・フース氏(ハイデルベルグ大学教授)
※プログラムは日本語により行われます。
日時 2013年 2月20日(水) 13時30分~17時30分 (13:00開場)
会場 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
募集人数 300名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 2013年2月18日(月)17:00(先着順。定員となり次第、受付を終了します。)
お問い合わせ先 国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
電話: 0774-98-1444
電子メール: training@ndl.go.jp