• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2014年度のイベント > 国際政策セミナー(講演会)「国会による行政統制―ドイツの『議会留保』をめぐる憲法理論と実務」

国際政策セミナー(講演会)「国会による行政統制―ドイツの『議会留保』をめぐる憲法理論と実務」
(終了しました)

国立国会図書館調査及び立法考査局は、「国会による行政統制―ドイツの『議会留保』をめぐる憲法理論と実務」をテーマに国際政策セミナーを開催します。

近年、行政の活動範囲が多岐にわたる一方で、国会による行政の民主的統制の要請が強まっています。ドイツにおいては、従来行政の固有の領域と考えられてきた外交等の案件に議会が個別に関与する「議会留保」という考え方が連邦憲法裁判所によって示され、議会の実務に影響を与えています。ドイツの代表的な公法学者の一人であり、議会と政府の関係をめぐる理論と実務に詳しいクリスティアン・ヴァルトホフ氏にドイツの現状と課題についてお話しいただき、我が国の行政法学や憲法学の専門家から国会と行政の関係に関する学説を踏まえたコメントを頂いた上で、パネルディスカッションを行います。

入場は無料です。関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム

基調講演

クリスティアン・ヴァルトホフ氏(ベルリン・フンボルト大学法学部教授)

※同時通訳付(日⇔独)

パネルディスカッション

パネリスト(発言順) 
原田 大樹氏 (京都大学大学院法学研究科教授)
高田 篤氏 (大阪大学大学院法学研究科教授)
コーディネーター
棟居 快行(当館専門調査員、調査及び立法考査局政治議会調査室主任)
日時 2015年 2月19日(木) 14時00分~17時00分 (13時30分開場)
会場 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
募集人数 300名(先着順。人数となり次第、募集は終了いたします。)
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 2015年2月15日(日)
お問い合わせ先 国立国会図書館調査及び立法考査局 調査企画課連携協力室(国際政策セミナー担当)
電話: 03-3581-2331(代表)  FAX: 03-3581-2603
メールアドレス: ml-ipseminar@ndl.go.jp