• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2013年度のイベント > 講演会「中国の資料デジタル化プロジェクト-国際連携を進めるCADAL-」

講演会「中国の資料デジタル化プロジェクト-国際連携を進めるCADAL-」
(終了しました)

写真:黄晨氏

国立国会図書館関西館は、CADALプロジェクト管理センター副センター長であり、浙江大学図書館の副館長でもある黄晨氏をお招きして、講演会を開催します。
CADAL(China Academic Digital Associative Library、大学数字图书馆国际合作计划)は、中国の70以上の大学とインド、アメリカ、ヨーロッパの大学等の研究機関が連携し、中国関係の資料をデジタル化するプロジェクトです。清代以前の古典籍、中華民国期(1912年~1949年)の図書・雑誌、欧文図書、博士論文、現代書等260万冊以上の資料がデジタル化されています。
黄晨氏に、国際連携を進めるCADALの取り組みの現状と将来戦略についてお話いただき、デジタル化された知的資源を共有するための、今後の日本における図書館連携のあり方を考えます。日本語への逐次通訳が付き、入場は無料です。是非ご参加ください。

プログラム

  • 【講演】
    • 中国の資料デジタル化プロジェクト-国際連携を進めるCADAL-
      黄晨氏(浙江大学図書館副館長、CADALプロジェクト管理センター副センター長)

※逐次通訳付(中⇔日)
日時 2013年 12月11日(水) 14時00分~16時00分
会場 国立国会図書館 関西館 1階 第一研修室
募集人数 70名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 2013年12月9日(月)17:00(先着順で定員となり次第、受付を終了します。)
お問い合わせ先 国立国会図書館 関西館 アジア情報課
電話:0774(98)1378