• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2014年度のイベント > シンポジウム「デジタル技術がもたらす世界と知の将来―バイエルン州立図書館の挑戦」

シンポジウム「デジタル技術がもたらす世界と知の将来―バイエルン州立図書館の挑戦」
(終了しました)


クラウス・サイノーヴァ バイエルン州立図書館副館長

マルクス・ブラントゥル ミュンヘン・デジタル化センター長

石田英敬 東京大学総合文化研究科教授/東京大学附属図書館副館長


ヨーロッパ、ドイツ語圏において最大級の図書館のひとつであるバイエルン州立図書館では、図書館資料のデジタル化及びデジタル技術の図書館サービスへの適用に関して、先進的な取組を行っています。国立国会図書館では、同図書館から、クラウス・サイノーヴァ 副館長及びマルクス・ブラントゥル ミュンヘン・デジタル化センター長をお招きし、デジタル時代の図書館のあり方について、東京ドイツ文化センターとの共催により、公開シンポジウムを開催します。

両氏に加え、石田英敬東京大学総合文化研究科教授/東京大学附属図書館副館長をお招きし、現在推進している新図書館計画における図書館現代化への取組についてご講演いただきます。

日英逐次通訳があります。参加無料ですので、多くの方のご参加をお待ちしています。

なお、6月9日(月)19時から東京ドイツ文化センター図書室にて関連のイベント「デジタル生活世界における知―図書館の役割」も開催されます。

プログラム

  • 【事例報告】国立国会図書館のデジタル事業への取組
    • 大場利康 国立国会図書館電子情報部電子情報企画課長
  • 【講演1】デジタル図書館のための革新的なユーザ・サーヴィス、バイエルン州立図書館の実例から
    • クラウス・サイノーヴァ バイエルン州立図書館副館長
  • 【講演2】ミュンヘンデジタル化センターと類似画像検索
    • マルクス・ブラントゥル ミュンヘン・デジタル化センター長
  • 【講演3】東京大学新図書館計画「アカデミック・コモンズ」の目指すもの
    • 石田英敬 東京大学総合文化研究科教授/東京大学附属図書館副館長
  • 【質疑応答】
日時 2014年 6月10日(火) 14時00分~17時00分 (13:30開場)
会場 国立国会図書館 東京本館 新館3階 大会議室
募集人数 90名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 2014年6月9日(月)10:00 (定員に達した時点で受付を終了いたします。)
お問い合わせ先 国立国会図書館 電子情報部電子情報企画課
電話: 03(3581)2331(内線: 40110) FAX: 03(3581)0768
メールアドレス:di-eventアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー