ホーム > 採用情報 > 平成30年度職員採用試験合格者アンケート集計結果

平成30年度職員採用試験合格者アンケート集計結果

平成30年度職員採用試験合格者(平成31年度新規採用予定者)に、就職活動や当館の受験に関してアンケートを行いました。これから当館を志望される方の参考になるように、結果を公表します。
回答人数:16人(総合職試験、一般職試験、情報システム・設備専門職員採用試験、資料保存専門職員採用試験合格者)

<目次>

Q1.当館を志望した主な理由は何ですか?(複数回答可)

図書館・本に関わる仕事ができるから 11人
公共のために仕事ができるから 6人
大きな仕事・幅広い仕事ができるから 4人
国政審議に関わる仕事ができるから 3人
専門知識がいかせるから 3人
性格や能力があっていると思うから 4人

主な志望動機

Q2.当館を就職先として意識し始めたのはいつですか?

平成29年8月以前 9人
平成29年9月~10月 2人
平成29年11月~12月 1人
平成30年1月~2月 2人
平成30年3月以降 2人

就職先として意識し始めた時期

Q3.当館業務説明会等には参加しましたか?(複数回答可)

大学生協主催の夏期公務員業務研究セミナー(9月) 2人
国立国会図書館業務研究セミナー(10~11月) 3人
国立国会図書館内の説明会(2~3月) 9人
大学・予備校等における業務説明会・合同説明会 5人
参加していない 4人

業務説明会等への参加

Q4.試験勉強を始めた時期はいつですか?

平成29年8月以前 8人
平成29年9月~10月 1人
平成29年11月~12月 0人
平成30年1月~2月 2人
平成30年3月以降 5人

試験勉強を始めた時期

Q5.試験勉強はどのように行いましたか?

公務員講座・予備校 8人
独学 8人

勉強方法

Q6.どのようなところを併願しましたか?(複数回答可)

国家公務員 4人
地方公務員 11人
団体職員(国立大学法人等) 10人
民間企業 7人
進学 1人

併願先

Q7.当館に就職することを決めるに当たり、(併願先と比べて)もっとも魅力を感じたのはどのようなところですか?(一部抜粋)

  • 文化や歴史を直接支える仕事に携わることができる点です。目先の実利に左右されることなく、確固とした理念のもとで仕事ができる環境は大変魅力的でした。
     
  • 情報の観点から公共領域に貢献できる点、立法府の機関として情報整備に強みがある点が独特な存在だと考えました。伝統的な図書館のイメージとは異なる業務が多くあり、強く興味を持つようになったためです。
     
  • 調査業務が存在し、法律を学んできた専門性が活かせるシンクタンクである点にもっとも魅力を感じました。行政官を併願していましたが、中立的な視点から、国政課題の調査等に従事できるのは立法府の醍醐味であり、中でも調査・分析に興味がありましたので国立国会図書館を選びました。
     
  • 「真理がわれらを自由にする」という設立理念、国会の審議や国民の知る権利に対して負っている役割の大きさに魅力を感じました。また、仕事を通して自分の専門性を高められるところや、周りに勉強好きな職員の方が多いということから、国立国会図書館には「学び続けられる環境」があると感じ、志望しました。
     
  • 国内外の資料を収集・保存、提供することによって、国民があらゆる情報を活用できる環境を整えられるところや調査業務等を通じて、国政を支えられるところに魅力を感じました。
     
  • 書物が情報の伝達手段である以上、本を保存するということは、人の「何かを伝えたい」という思いを守ることだと思います。そのような強い心意気に公職として応えることのできる点に、大きな魅力を感じました。
     

このページの先頭へ