• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

書誌データQ&A:典拠データ:Web NDL Authorities

質問一覧

このページの先頭へ

Q
Web NDL Authoritiesの典拠データの訂正を依頼しましたが、VIAF(バーチャル国際典拠ファイル)のデータが修正されていません。
A
VIAF(バーチャル国際典拠ファイル)は、各国の国立図書館等の典拠データを登録しています。
VIAFのデータが、当館が提供したものであった場合は、当館からの更新データ提供後にVIAFのデータが修正されますが、VIAFでのデータの更新は月1回です。そのため、当館でデータの訂正を行っても、VIAFのデータはすぐには修正されません。
当館以外の機関が提供しているデータの場合は、当館のデータを修正しても、VIAFのデータは修正されません。VIAF宛てに訂正依頼の連絡をしてください。VIAFのページ右下にあります「ご意見・ご要望」から、VIAFを運営しているOCLCにメールを送ることができます。
なお、日本の国旗マークが表示されているのが、当館提供データです。

このページの先頭へ

Q
著作があるのに、Web NDL Authoritiesにデータが登録されていません。
A
Web NDL Authoritiesに収録する個人名典拠の作成対象資料は、次のとおりです。
・国内で刊行された図書(加除式資料を含む)
・和古書
・地図資料、録音・映像資料
・電子資料及び非図書資料
・海外で刊行された日本語資料(逐次刊行物を除く)
(「個人名標目の選択・形式基準(2012年1月以降)」(PDF: 389 KB)(インターネット資料収集保存事業(WARP))「1-1 対象範囲」参照)
上記資料以外の資料の著者等については、典拠データを作成していません。たとえば、著作が雑誌論文だけであれば、典拠データを作成しません。

このページの先頭へ