• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

書誌データQ&A:書誌データの内容:著者(個人)

質問一覧

このページの先頭へ

Q
同姓同名の人は区別しているのですか?
A
個人名典拠(個人名著者標目・個人名件名)では、同姓同名の人を区別しています。区別するための情報として生(没)年を記録します。生(没)年が不明な場合は職業や専門分野を付加し、生(没)年が同じ場合は、それに加えて職業や専門分野を付加して区別します。
(例) 田中, 実, 1946- || タナカ, ミノル
田中, 実, 生物学 || タナカ, ミノル
田中, 実, 1946- 理科教育学 || タナカ, ミノル
個人の区別に生(没)年を用いるのは、生(没)年が不変かつ最も客観的な情報だからです。これらの情報は書誌作成対象資料等から記録します。
ご本人からお申出があった場合や、誤りであったことが判明した場合には、訂正または削除します。 詳細は「当館が作成する書誌データとその修正について」のページをご覧ください。

このページの先頭へ

Q
個人名典拠(個人著者標目・個人名件名)の姓名の後の数字は生まれた年ですか?何のために入力しているのですか?
A
Q 同姓同名の人は区別しているのですか?」をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
個人名典拠(個人著者標目・個人名件名)の姓名の後の「pub. 1910」はなんですか?
A
同姓同名の人を区別するための付記事項です。「pub.」はpublicationの略で、「1910」は出版年を表します。世系、生没年、職業・専攻等が判明しない場合に、暫定的にその個人について最初に標目を作成する書誌作成対象資料(初出資料)の出版年を、西暦紀年に「pub.」を冠して記録しています。後日、書誌作成対象資料等から生(没)年又は職業・専攻等が判明した場合は、生(没)年又は職業・専攻等に訂正します。付記事項についての詳細は、「個人名標目の選択・形式基準(2012年1月以降)」をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
著者が改姓した場合、改姓前の姓と後の姓、どちらで検索すればよいでしょうか?
A
著者が改姓後の名称で著した著作については、改姓前の名称ではなく、改姓後の名称を著者標目としています。書誌を検索する場合には、改姓前の著作は改姓前の名称で、改姓後の著作は改姓後の名称で検索してください。
改姓前後の名称や、複数の名称を使い分けている場合の別の名称を、典拠データに「別名(をも見よ参照)」として記録しています。典拠データは、Web NDL Authoritiesでご覧になれます。

このページの先頭へ

Q
個人名典拠(個人著者標目・個人名件名)の表記の形、読みはどのように決めているのですか?
A
書誌作成対象資料等の公刊資料から採用しています。読みについては、書誌作成対象資料等からわからないときは、推量で付与している場合があります。
詳細は、「個人名標目の選択・形式基準(2012年1月以降)」をご覧ください。
すでに確定した典拠においても、ご本人からお申出があった場合や、誤りであったことが判明した場合には訂正します。

このページの先頭へ

Q
著者の名前が、同じ書誌データの中の責任表示と個人著者標目の2か所にあり、表記が異なっています。なぜですか?
A
『日本目録規則1987年版改訂3版』の「転記の原則」に従い、責任表示(著者等)には、その資料に表示されているままに記録しています。同じ著者でも資料によって表示が異なれば、責任表示に記録する表記も異なります。そのため、同じ著者の著作を一度にまとめて検索することができません。
その不便を解消するため、著者標目では、資料での表示が異なっていても、同じ形に統一して記録しています。たとえば、シェイクスピアは、責任表示では、シェイクスピア、沙士比阿、シェークスピヤ、セキスピア等、さまざまな表記がありますが、著者標目は、「Shakespeare, William, 1564-1616」に統一して記録しており、著者標目で検索すれば、責任表示が異なる書誌データも、まとめて検索できます。
なお、著者標目に使用する形を統制するために、各著者に関する情報(異なる表記形、同姓同名の人を区別する情報等)を記録した典拠データを作成しています。典拠データは、Web NDL Authoritiesでご覧になれます。

このページの先頭へ

Q
外国人著者の資料が一般に知られているカタカナ表記で検索できません。なぜですか?
A
『日本目録規則1987年版改訂3版』の「転記の原則」に従い、その資料に表示されているままに責任表示(著者等)を記録しています。そのため、一般に知られている表記と異なる場合があります。
欧文形外国人著者の場合は、個人著者標目に原語形を採用していますので、一般に知られている呼び名で検索できないときは、原語形での検索をお試しください。
なお、一般に知られている呼び名で表示されている資料を、新たに当館で受け入れ、整理した場合は、典拠データの参照形に追加記録します。その場合は一般的なカタカナ表記でも検索が可能となります。

このページの先頭へ

Q
有名作家等の名前の読みが一般に知られている読み方と異なっている場合がありますが、なぜですか?
A
当館での著者名の読み方は、その著者の著作を最初に当館の目録に記録する時に確定します。たとえば、「山田風太郎」氏の場合は、最初に目録を作成したときに、その当時の『文化人名録(昭和28年版)』にもとづいて「ヤマダ,カゼタロウ」と読むことにしました。 一方、「ヤマダ,フウタロウ」のように、標目に採用しなかった読みについては、典拠に参照形として記録しており、 NDL-OPACでは参照形(この場合「ヤマダ,フウタロウ」)でも検索できます。

このページの先頭へ