ホーム > 書誌データの作成および提供 > NDL書誌情報ニュースレター > 2017年2号(通号41号)

おしらせ:平成29年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会を開催します

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2017年2号(通号41号)

平成29年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会を開催します。おもな対象は公共図書館や学校図書館などの職員です[1]

この研修会では、全国書誌データの具体的な活用方法と、レファレンス協同データベース事業の概要や事業に参加する利点を、まとめてご紹介します。また、受講者のみなさまには、全国書誌データを活用した文献リストの作成や、レファレンス協同データベースへのデータ登録を、実際に行っていただきます。

研修会の概要

日時および会場

東京本館会場

日時:平成29年7月28日(金) 13時~17時(12時30分から受付開始)
会場:国立国会図書館東京本館 新館3階大会議室
申込締切:平成29年7月21日(金)

関西館会場

日時:平成29年8月18日(金) 13時~17時(12時30分から受付開始)
会場:国立国会図書館関西館 1階第1研修室
申込締切:平成29年8月11日(金・祝)

※定員は各回30名。先着順に受付け、定員に達した時点で募集を終了します。

対象者

全国書誌データの利活用またはレファレンス協同データベース事業への参加に関心がある公共図書館、学校図書館等の職員をおもな対象とします。

内容詳細および申込方法

次のレファレンス協同データベースのページをご覧ください。

申込みに関するお問い合わせ先

国立国会図書館 関西館図書館協力課 協力ネットワーク係
電話:0774-98-1475 FAX:0774-94-9117
メールアドレス:info-crdアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

また、8月7日(月)、京都産業大学で開催される学校図書館夏期セミナーにおいて、当館が提供する書誌データの利活用についての発表を行う予定です。

(収集・書誌調整課)

[1] 平成28年度の研修会については、以下の記事をご覧ください。
収集・書誌調整課.平成28年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会を開催しました. NDL書誌情報ニュースレター. 2016年3号(通号38号).
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2016_3/article_02.html, (参照 2017-04-20).
平成27年度の研修会の講義部分を遠隔研修として提供しています。ぜひご覧ください。
・全国書誌データの利活用
http://training.ndl.go.jp/course/under.html?id=50, (参照 2017-04-20).
・レファレンス協同データベースの利活用
http://training.ndl.go.jp/course/under.html?id=51, (参照 2017-04-20).


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2017年2号(通号41号) 2017年6月27日発行

編集 国立国会図書館収集書誌部
発行 国立国会図書館

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)