ホーム > 書誌データの作成および提供 > NDL書誌情報ニュースレター > 2015年3号(通号34号)

おしらせ:『国立国会図書館月報』で「What's 書誌調整 ふたたび」を連載中

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2015年3号(通号34号)

吾輩は犬である。名前は・・・もうある!!カーネだワン!

調子に乗ってごめんなさい。改めまして、こんにちワン!本誌広報犬のCANE(カーネ)です[1]。ぼくのこと覚えていますか?30号記念号以来の登場だワン。広報犬であるからには、本誌の中でがんばっているだけでは足りないんじゃないかと思い、思い切って本誌の外に飛び出すことにしました。出張先は、国立国会図書館の蔵書や各種サービスについて総合的に紹介している『国立国会図書館月報』(以下、『月報』といいます)。

きっかけはというと、まだぼくが本誌広報犬に就任する前に、『月報』で「What's 書誌調整?」という、全12回の連載記事[2]が掲載されたことがあったって、たれ耳、じゃなかった小耳に挟んだこと。読んでみると、「書誌調整」っていう言葉を聞いたことがない人にも理解できるように、わかりやすく書かれていたんです。でも、今ぼくが知っていることとは、ちょっと違うことが書いてあったりもしました。

今年は、2015年。連載が終了した2005年からちょうど10年の年に当たるので、ウェブがより広く普及した今の時代の「書誌調整」を、ふたたび『月報』で連載することで、多くの人に知ってもらいたいと思ったのです。だから、その名もずばり、「What's 書誌調整 ふたたび」。

『月報』651号(2015年7月)に第1回「はじめに」、652/653号(2015年8/9月)に第2回「目録規則は進化する」が掲載されたので、もう読んでくれた人もいると思います。ぼくだけでは難しいことを解説しきれないので、第2回では先生にも登場してもらいました。これからも「典拠」や「主題」など、とっつきにくいと思われがちな話を、時には先生やほかの仲間たちの力も借りながら、なるべくわかりやすく伝えられるようにがんばります。

『月報』の連載は不定期になると思うけど、胴を長~く、じゃなかった首を長~くして待っててくれるとうれしいワン!

(収集・書誌調整課)

[1]ぼくの名前の由来は、本誌創刊準備号に載っています。
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3507126_po_2007_0.pdf?contentNo=1#page=8, (参照 2015-08-05).

[2]当時の連載は、国立国会図書館ホームページでご覧いただけます。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/basic_policy/article/index.html, (参照 2015-08-05).


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2015年3号(通号34号) 2015年9月25日発行

編集・発行 国立国会図書館収集書誌部

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)