• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

コラム:書誌データ利活用(3) ―Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2014年1号(通号28号)

前回まで、主に書誌データの活用方法についてご紹介してきました。今回は、前々回の「コラム:書誌データ利活用(1)―各種機能のご紹介」で少しご案内した、Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)の概要と使い方についてご紹介します。

1. Web NDL Authoritiesについて

Web NDL Authoritiesは、国立国会図書館が作成・維持管理している典拠データを提供しているサービスです[1]

書誌データには、著者名やテーマ(主題)といった資料を検索する手がかりとなる項目について、複数の表記方法や同義語がある場合は一つにまとめ、また、同じ名称で異なるものを指す場合はそれぞれ区別して、効率よく検索ができるように「標目」を付与します。著書名を表す標目を「著者標目」[2]、テーマ(主題)を表す標目を「件名標目」[3]と呼びます。

この「著者標目」や「件名標目」を統制するために、標目形、標目形以外の表記や同義語、標目形を選択した根拠等の情報を、まとめて記録したのが典拠データです。

国立国会図書館ではこの典拠データを作成しており、その数は、2013年12月現在、約113万件に及びます。


図1 トップページ(検索画面)

Web NDL Authoritiesでは、当館が作成した典拠データを検索して利用することができます。また、検索結果の典拠データから、直接、国立国会図書館サーチ(NDLサーチ)で資料を検索することが可能です。典拠を使って検索すれば、関連する資料の検索や絞込みを効率よく行うことができます。

本稿では、主題と個人名による検索を例に挙げ、Web NDL Authoritiesを使った便利な資料の検索方法について簡単にご案内します。

2. 主題による検索

Web NDL Authoritiesでは、キーワードあるいは分類記号による検索が可能です。キーワード検索は部分一致ですが、検索語の末尾にアスタリスクを入れることで前方一致検索もできます。

たとえば、お菓子の「ビスケット」というキーワードで検索してみます。すると図2のように、同じ「ビスケット」でも、「ビスケット株式会社」など団体名や個人名といった最初に意図していたものとは異なる典拠も出てきますので、この中からお探しの典拠を選びます。


図2 検索結果一覧画面

下の図3は、お菓子のビスケットについての典拠データを見るために、普通件名の「ビスケット」を選んだときの詳細情報画面です。同義語や上位語、下位語、関連語、国立国会図書館サーチへのリンクボタン、外部サイトへのリンクなどが表示されます。

画面に表示された上位語、下位語、関連語をたどれば、上位概念のテーマに広げたり、下位概念のテーマに絞り込んだり、関連するテーマを調べたりすることができます。「グラフィカル表示」のタブをクリックすると、これらの関連する語が図式で表示されます。


図3 詳細情報画面(普通件名)とグラフィカル表示画面

図3にある「件名検索」をクリックすると、国立国会図書館サーチでお菓子の「ビスケット」をテーマにした資料が検索できます(図4参照)。

図3で「同義語」にあった「クッキー」「サブレ」という語が使われている資料にも、書誌データには「ビスケット」という件名が付与されていますので、タイトル等において使われていることばにかかわらず、同じテーマの資料をまとめて検索することができます。


図4 国立国会図書館サーチ検索結果一覧画面(件名検索)

件名を使った検索では、同じことばであっても概念の違うことばを除いて検索することもできます。例えば同じ「バス」ということばでも、自動車の「バス」と魚の「バス」は別々の件名になっていますので、区別して検索が可能です(図5参照)。[4]


図5 検索結果一覧画面

詳細情報画面では、他にも外部サイトへのリンクとしてWikipediaへのリンクがあり、件名に使われている用語についての解説を参照できます。(文字列で機械的にリンクしているだけですので、リンクミスの可能性があります。また、国立国会図書館においてWikipediaの情報の信頼性を保証するものではありません。)

3. 個人名による検索

次は個人名による検索をご紹介します。図6はWeb NDL Authoritiesの個人名「夏目漱石」の詳細情報画面です。

個人名の場合、生年、没年や別名の欄などがあります。「夏目, 漱石」の場合、「別名(を見よ参照)」欄に英語表記の「Natsume, Soseki」や、本名の「夏目, 金之助」が記録されています。

画面の「著者名検索」をクリックすると「夏目漱石」を著者とする資料が、「件名検索」をクリックすると「夏目漱石」をテーマとする資料が、国立国会図書館サーチで検索できます。また、別名の「Natsume Soseki」や「夏目金之助」の表記で書かれた資料も一緒に検索結果に出てきます。

「夏目, 漱石」という個人名「典拠」に、英語表記や本名といった多様な表記を参照形として記録しておくことで、同一人物としてまとめて資料を検索できる仕組みを作っているのです。


図6 「夏目漱石」の詳細情報画面と著者名検索結果の一部

また、典拠では、同名異人(同姓同名の人や同じ名前の団体)が書いた資料を容易に識別することができます。

たとえば歌舞伎役者の「松本幸四郎」を検索すると、同じ名前で七代目・八代目・九代目…と、何代もの同じ歌舞伎役者の名跡を持つ方が出てきます。典拠データでは生没年や職業、世系などを入れて同姓同名の人を区別しています。図7の「松本幸四郎」の場合は、生没年と世系で何代目かを区別していますので、何代目の「松本幸四郎」の資料なのか、検索した結果を1件ずつ確認しなくても、他の同じ名前の人が書いた資料と簡単に区別して探せます。九代目の「松本幸四郎」が書いた資料だけを探そうとするときには、図7のように典拠データの「松本幸四郎 9世」を選んで著者名検索をすれば、最初からその人の著作だけに絞り込んで検索できます。


図7 著者名典拠を使った資料検索の流れ

同じ人が、資料によって複数の名前を使い分けている場合や、名前を変更する場合もあります。

前述の「松本幸四郎 9世」の典拠データには、「別名(をも見よ参照)」欄に、同じ人が襲名した「市川染五郎 6世」へのリンクがあります(図8参照)。このリンクをクリックして「市川染五郎  6世」の画面から「著者名検索」をすれば、六代目の「市川染五郎」の名前で書かれた資料が検索できます。このように同一人物の別名を相互リンクすることで、たとえば作家が別のペンネームを持っていても、リンクをたどって別名で書かれた資料も検索できるようになっています。


図8 詳細情報画面(別名の相互リンク)

4. おわりに

Web NDL Authoritiesには、他にも普通件名の一括ダウンロードや、新設件名等のRSS配信によるお知らせ機能、SPARQL[5]を用いた検索機能(API)があります。詳しくは「Web NDL Authoritiesについて」をご覧ください。

今回ご紹介した主題や個人名による資料の検索以外にも、関連語の参照や海外機関[6]の典拠データへのリンク等により、より効率的な資料の検索や幅広い参照が可能になりますので、ぜひご活用下さい[7]

(収集・書誌調整課 書誌調整係)

[1]Web NDL Authoritiesの概要は公開当時の本誌2011年4号(通号19号)でもご紹介しています。
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3485820_po_2011_4.pdf?contentNo=1, (参照2014-1-28)

[2]著者標目については、以下の記事もご参照ください。
国立国会図書館. “書誌データの基本方針と書誌調整:What's 書誌調整?第3回 典拠ってなんだ”. http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/whats/3rd.html, (参照2014-1-28)

[3]件名標目については、以下の記事もご参照ください。
国立国会図書館. “書誌データの基本方針と書誌調整:What's 書誌調整?第4回 主題アクセス(上)”. http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/whats/4th.html, (参照2014-1-28)

[4]件名については、本誌2009年2号(通号9号)~2009年4号(通号11号)のコラムで詳しくご説明しています。
※「コラム 書誌データ探検 件名(1)~(3)」のページに掲載されたNDL-OPAC画面は旧システムの画面です。

[5]RDFで記述されたデータを検索・操作するためのコンピュータ言語。Web NDL AuthoritiesはRDF形式で典拠データをデータベースに格納しており、SPARQLを用いて外部から検索することができます。

[6]一部の典拠データでは、「米国議会図書館件名標目表(LCSH)」や、世界の国立図書館等の協同による「バーチャル国際典拠ファイル(The Virtual International Authority File; VIAF)」へのリンクも提供しています。

[7]Web NDL Authoritiesの活用事例を以下のページでご紹介しています。


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2014年1号(通号28号) 2014年3月28日発行

編集・発行 国立国会図書館収集書誌部

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)