ホーム > 資料の収集 > 納本制度 > よくわかる納本制度 > 納本された出版物の利用と保存

納本された出版物の利用と保存

一括代行機関経由や、直接に郵送されるなどして毎週、約1万点の出版物が当館に納入されてきます。(納入ルートについては、納本までの流れ参照。)

納本された出版物は、その書誌データが「全国書誌」として国立国会図書館オンライン等で検索できるようになります。誰が・いつ・どんな資料を作成したかを誰でも手軽に知ることができるようになります。

書誌データが作成され、閉架式の書庫に収められた出版物は、国政審議に役立てられるとともに、行政・司法各部門の支部図書館を通じて利用されるほか、来館利用サービスや遠隔利用サービスに用いられ、多くの人に利用されます。

また、国際交換用資料として海を渡った出版物は、諸外国の中心的な図書館や研究機関で利用され、国際社会における日本の理解を深めるために非常に重要な役割を果たしています。

図 納本された出版物のその後(整理・保存・利用)

納本された出版物のその後、整理・保存・利用の流れを示した図です。

このページの先頭へ