• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • サービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 国立国会図書館について > 科学技術情報整備 > 科学技術情報整備に関連する諸計画

科学技術情報整備に関連する諸計画

各計画の策定の経緯については、「科学技術情報整備の沿革」をご覧ください。

現在進行中の計画

第四期国立国会図書館科学技術情報整備基本計画(PDF: 60KB)

平成28年度から平成32年度までを対象に、平成28年3月に策定した計画です。第三期計画において国立国会図書館が構築に積極的に関与することとした国全体としての新しい学術情報基盤である「知識インフラ」について、他機関との連携・協力の下、その深化を図ることを目的としています。国立国会図書館が取り組むべき事項として、次の項目を掲げています。

  • (1) 恒久的保存のための取組
    1. 学術情報を始めとする情報資源の収集とデジタル化
    2. 関係機関との連携の推進
    3. 電子情報資源の長期的アクセスの保証
    4. オープンサイエンスにおいて果たすべき役割
    5. 図書館界のアグリゲータとしての役割
  • (2) 利活用促進のための取組
    1. 多様なコンテンツのメタデータの統合的検索機能の提供
    2. メタデータの標準化・オープンライセンス化の促進
    3. 目的別・テーマ別ポータルの提供への協力
    4. コンテンツを利用しやすくするための制度整備
    5. 国立国会図書館のデジタル情報資源の利活用の促進
    6. 国立国会図書館が作成するデータのオープン化

終了した計画

第三期科学技術情報整備基本計画(PDF: 234KB)

平成23年度から平成27年度までを対象に、平成23年3月に策定し、11月に改訂した計画です。

第二期科学技術情報整備基本計画(PDF: 189KB)

平成18年度から平成22年度までを対象に策定した計画です。

科学技術関係情報整備計画(PDF: 317KB)

平成16年1月に策定したもので、向こう3か年程度を対象にした計画です。

国立国会図書館科学技術情報整備基本計画(PDF: 167KB)

平成10年度から平成14年度までを対象に策定したもので、当館の科学技術情報整備に関する第一期基本計画に当たります。

このページの先頭へ