• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • サービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

電子情報の標準に関する翻訳

電子情報の標準に関する各種文書を翻訳し、掲載しています。

DCMIダブリンコアメタデータに関する基本文書

ダブリンコア(Dublin Core)は、インターネット上の情報資源の発見を目的として開発が進められてきたメタデータ標準です。ダブリンコアメタデータイニシアチブ(DCMI)のもと、維持管理が行われています。ダブリンコアメタデータ標準の基本文書の日本語訳を掲載します。なお、ダブリンコアの概要は、「解説:ダブリンコアについて」をご参照ください。

図書館Linked Dataインキュベータグループ最終報告書

2011年10月25日、W3C(World Wide Web Consortium)に図書館データのウェブ上での相互運用性の向上を目的として設置された「図書館Linked Dataインキュベータグループ(Library Linked Data Incubator Group)」により、「図書館Linked Dataインキュベータグループ最終報告書(Library Linked Data Incubator Group Final Report)」が公表されました。
当報告書は、ウェブ上での新しい情報共有の手法として近年注目を集めるLinked Dataを図書館データに適用することの利点やその方法等をまとめたもので、以下の3つの文書で構成されています。当報告書の内容を広く周知することを目的として、日本語訳を掲載します。

【電子情報の標準に関する問い合わせ先】
国立国会図書館 電子情報部
電子情報流通課 標準化推進係
メールアドレス:standardizationアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ