• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • サービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

電子情報に関する標準

国立国会図書館が採用する電子情報の収集、提供および保存等に関する標準などの情報をまとめたページです。

データ標準

国立国会図書館でメタデータ・書誌データの記述に採用している標準については、以下のページをご参照ください。

メタデータ

書誌データ

このページの先頭へ

Linked Open Data (LOD)

国立国会図書館が提供しているリンクト・オープン・データ(Linked Open Data: LOD)については、以下のページをご参照ください。

このページの先頭へ

識別子

国立国会図書館で付与、維持管理を行っているコードや識別子については、以下のページをご参照ください。

ISSN(国際標準逐次刊行物番号)

  • ISSN日本センター
    ISSN(International Standard Serial Number)は、逐次刊行物を識別するための国際的なコード番号です。国立国会図書館は、ISSN日本センターとして活動しています。

ISIL(図書館及び関連組織のための国際標準識別子)

  • 図書館及び関連組織のための国際標準識別子(ISIL)
    ISIL(International standard identifier for libraries and related organizations)は、図書館をはじめ博物館、美術館、文書館などの類縁機関に付与される国際的な識別子です。ISO 15511として国際標準規格になっています。日本では、国立国会図書館が国内登録機関となり、国内のISIL付与及び管理を行っています。

DOI(デジタルオブジェクト識別子)

このページの先頭へ

資料デジタル化

国立国会図書館では、所蔵資料のデジタル化作業における技術仕様の共通化・標準化を図るため、「国立国会図書館資料デジタル化の手引」を作成し、公開しています。採用しているデジタル化フォーマット等については、こちらの文書をご参照ください。

このページの先頭へ

ユーザビリティ・ウェブアクセシビリティへの対応について

国立国会図書館では、すべての人が心身の条件や利用する環境に関係なく、当館のウェブサービスで提供する情報や機能に支障なくアクセスし、利用できるようにするため、当館ウェブサービスのユーザーインターフェイス及びウェブコンテンツを作成する際に準拠すべき基本方針を定めています。

また、「JIS X 8341-3:2016(高齢者・障害者等配慮設計指針―情報通信における機器, ソフトウェア及びサービス―第3部 : ウェブコンテンツ)」に準拠し、総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」の内容を踏まえ、「国立国会図書館ウェブアクセシビリティ方針」を公表しています。

このページの先頭へ

電子情報の標準に関する翻訳

メタデータやLinked Dataなど、電子情報の標準に関する基本文書の日本語訳を以下のページに掲載しています。

このページの先頭へ

電子情報の標準に関する問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部
電子情報流通課 標準化推進係
メールアドレス:standardizationアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ