• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

紙資料への対策

現在、国立国会図書館では製本および修理・修復業務は、「資料保存課職員によるもの」「館外施工業者によるもの」と、2つに分類して行っています。
職員による作業は、資料保存課の資料保存担当の専門職員が、専門的な判断と技術を必要とする修理・修復を資料1点ずつの特性や状態に応じて行っています。
館外施工業者による作業は、均一な仕様で量産しやすい、逐次刊行物の合冊製本や、補修等を委託しています。対象は、主に東京本館、国際子ども図書館ならびに関西館で所蔵する、国内逐次刊行物、国内・外国刊行新聞です。

製本および修理・修復業務実績

国立国会図書館年報の統計(統計11資料保存統計)をご覧ください。

製本および修理・修復のマニュアル

このページの先頭へ