• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

マイクロ資料への対策

マイクロフィルムは、大きくは画像を形成する層、バインダ、支持体(ベース)の3つから構成されます。フィルムの支持体がTAC(セルロースエステル)ベースのものの劣化(酢酸臭がする、フィルムの表面がべとつき、わかめのように曲がる等)が1980年代後半から問題となってきました。その後、調査の結果、TACベースのものは高温、高湿、または密閉された環境下にあると急速に劣化が進むことがわかりました。TACベースフィルムの劣化を防ぐためには低温低湿で保管し、定期的な検査と酢酸の放散処置(注)を行う必要があります。黒白フィルムでは、主として1950年代から80年代に作られたものがこれに該当します。国内では、黒白フィルムの支持体は1990年代前半に化学的に安定し長期保存が期待できるPET(ポリエステル)ベースに全面的に切り替わりました。
当館では、平成16年度から平成20年度までの5ヵ年計画で、劣化しやすいTACベースフィルムが使用されていた時期のマイクロ資料の緊急劣化対策を外部専門業者に委託して行いました。内容は、フィルムに影響する酸性紙製の包材を中性紙製の包材に交換し、ロール・フィルムは放酸のため巻返しを行い、併せて、劣化状況を調査しました。そして、問題があったマイクロ資料のクリーニングおよび再作製を行いました。
また、平成19年にはマイクロフィルムの長期保存をテーマに保存フォーラムを、平成23年には、「図書館・文書館におけるマイクロフィルム・写真の取扱い及び保存」をテーマに資料保存特別研修を開催しました。

参考

マイクロフィルムの保存条件や検査方法、TACベースフィルムの放散処置の詳細については次の資料をご参照ください。

  • 『マイクロフィルム保存の手引:大切なマイクロフィルムのためにぜひ知っておきたい』日本画像情報マネジメント協会(2005)
  • JISZ6009:1994銀−ゼラチンマイクロフィルムの処理及び保存方法

このページの先頭へ