• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 国立国会図書館について > 利用者アンケート > 平成27年度来館利用者アンケート結果 > 平成27年度来館利用者アンケート自由記述欄に記されたご意見・ご要望への対応について

平成27年度来館利用者アンケート自由記述欄に記されたご意見・ご要望への対応について

最終更新日 平成29年7月24日

平成27年度に行った来館利用者アンケートの自由記述欄には、国立国会図書館が提供する各種サービスに関して様々なご意見やご要望が寄せられました。このうち、これまでに対応を実施した主な事項は以下のとおりです。

東京本館

PC端末を使って何ができるのか、また、資料の検索・申込方法やシステムの利用方法など、初めて利用する人にもわかりやすいリーフレットがほしいです。

PCの操作方法、当館利用案内等を解説した各種パンフレットを、新館入口も含め館内各所で配布しています。また、11種類のパンフレットを綴じた小冊子「はじめてでもよくわかる国立国会図書館の使い方」を、平成28年1月から本館・新館ホールの全利用者端末に配置しました。

混雑時も端末を待機状態にしたままの人が多く、空いている端末を探すのにひと苦労します。

端末の「待機状態」は複写等の受取のため一時的に席を外す方のため30分以内で設定していますが、混雑時には譲り合ってのご利用を利用者の皆様にお願いしています。また、平成27年12月から、混雑時の検索・申込み優先端末を用意しました。

東京本館(本館)の床のガタツキが気になります。

本館利用者エントランスから入館ゲート間のエリアおよび本館ホール外回廊について、カーペットを敷設しました。

館内の無線LANのつながりをよくしてほしいです。

既設の無線LANのアクセスポイントを調整し、つながりやすさを改善しました。

各専門室や資料室で利用者の呼び出しをするときに名前をフルネームで呼ぶのはやめてほしいです。

平成28年度から原則としてフルネームによる呼び出しを廃止しました。

複写料金の支払いに電子マネーが使えるようにしてほしいです。

東京本館では、平成28年6月1日から、来館即日複写サービス(複写及びプリントアウト)の料金を、電子マネーでお支払いいただけるようにしました。

トイレに温水洗浄便座を設置してほしいです。

東京本館では段階的に温水洗浄便座の設置を進めており、平成28年度は新館の利用者用トイレ全てに設置を完了しました。

館内にイヤホンを持ち込んで使用したいです。

平成28年10月20日から、東京本館、関西館、国際子ども図書館児童書研究資料室において、一部の場所を除き、ご使用いただけるようにしました。

このページの先頭へ

関西館

カフェテリアの柱まわりにも机や椅子が設置してあり、車いすや松葉づえでの歩行が難しいです。

車いすや松葉づえを使用される方が歩きやすいよう、座席の配置を変更しました。

総合閲覧室の開架資料を増やしてほしいです。

平成28年4月に、総合閲覧室内に新書コーナーを設けました。今後も、概説書や新刊書を積極的に配置してまいります。

アジア情報室に並んでいる資料について、新刊書も直接閲覧したいです。

平成29年1月から、アジア情報室の新着資料コーナーに、書庫に収める予定の資料(アジア言語・欧米言語資料)の一部も展示して、手に取っていただけるようにしました。

関西館の閲覧室のどこに何の本が置いてあるかわかりにくいです。

よく利用される「ビジネス」、「健康医療」のコーナーを閲覧室中央部の目に留まりやすい書架に配置しました。また、展示架の雑誌を分野別に再配置し、刊行頻度の高いものを多く配置しました。

本との偶然の出会いを楽しめるような展示やイベントを開催してほしいです。

平成28年6月からミニ展示を月1回程度開催し、様々な切り口で資料を紹介するようにしました。また、平成28年2月にはイノベーション、7月には知財、10月には柿渋をテーマにしたイベントを開催しました。

放送が聞き取りにくいです。

音量や放送エリアについて配慮するとともに、放送以外の方法でも情報が得られるよう、掲示などを改善しました。

複写料金の支払いに電子マネーが使えるようにしてほしいです。

関西館では、平成28年12月12日から、セルフ複写サービス及び来館即日複写サービス(複写及びプリントアウト)の料金を、電子マネーでお支払いいただけるようにしました。

トイレに温水洗浄便座を設置してほしいです。

関西館では平成28年度に閲覧室内やゲートカウンターのトイレ、大会議室隣の身障者用トイレ及び第一研修室隣の身障者用トイレに温水洗浄便座を設置しました。

館内にイヤホンを持ち込んで使用したいです。

平成28年10月20日から、東京本館、関西館、国際子ども図書館児童書研究資料室において、一部の場所を除き、ご使用いただけるようにしました。

このページの先頭へ

国際子ども図書館

もっと多くの本を開架にしてほしいです。

平成28年2月からは、中高生向け「調べものの部屋」を新たに開室し、約1万冊の資料を開架しました。また、同時に開室した児童書ギャラリーでは、明治から現代までの日本の子どもの本の歩みがたどれるような約1,000冊の資料を開架しています。

資料の開架位置をNDL-OPACで検索しても特定できないことがあるので改善してほしいです。

平成27年9月の児童書研究資料室の開室に伴い、小展示コーナーに別置した資料の場所をNDL-OPACで確認できるようになりました。

ガイドツアーの内容をもう少しわかりやすくしてほしいです。

リニューアルに合わせ、ガイドツアーの内容を新しくしました。

資料の利用方法が分かりにくかったです。

平成27年9月に開室した児童書研究資料室では、リニューアルに合わせて各閲覧席に設置してある利用方法の案内を見易くしました。また、職員も個別説明を行っているので、機器の操作方法などわからないことがあればお気軽にお尋ねください。

子どもが靴を脱いでくつろいだり寝ころべる場所があると良いと思います。また、「子どものへや」に椅子を増やしてほしいです。

リニューアルに伴う改修工事により、「子どものへや」に靴脱ぎスペースを設置し、座れる場所を増やしました。

館内の空調の効きが悪いです。

リニューアルに伴う改修工事により、空調を改修しました。室温を監視しながらより良い環境となるよう努めます。

「子どものへや」「世界を知るへや」の照明をもう少し明るくしてほしいです。

リニューアルに伴う改修工事により、「子どものへや」「世界を知るへや」の照明を改善しました。

座って休憩できるスペースがほしいです。

リニューアルに伴う改修工事により、利用者の休憩スペースを設置しました。

館内の案内図が分かりにくいです。

リニューアルに伴う改修工事により、館内のサインを見直し、更新しました。

閉館や閉室が多いです。

平成27年度の閉室は改修工事によるものです。平成28年3月に閉室を伴う改修工事は終了しています。また、平成27年9月に開室した児童書研究資料室は、日曜日もご利用になれます。

絵本作家によるトーク会を開催してほしいです。

平成27・28年度には、エミリー・グラヴェット氏(画家・絵本作家)、ホジェル・メロ氏(画家・絵本作家)、バーバラ・マクリントック氏(絵本作家)を招き、講演会等を実施しました。今後の開催予定は「展示会・イベント」をご覧ください。

撮影禁止場所も年に1回くらい撮影できる機会を設けてほしいです。

普段撮影をご遠慮いただいている各室の写真を含め、画像を使って国際子ども図書館の建物、施設の特徴を紹介するページを国際子ども図書館ホームページに新設しました。

館内にイヤホンを持ち込んで使用したいです。

平成28年10月20日から、東京本館、関西館、国際子ども図書館児童書研究資料室において、一部の場所を除き、ご使用いただけるようにしました。

このページの先頭へ

資料デジタル化、当館ホームページについて

資料のデジタル化を進めてほしいです。

平成28年度には、雑誌、図書、古典籍資料、録音資料等約1.3万点のデジタル化を実施しました。なお、資料デジタル化に関わる基本方針やデジタル化資料の概要等については、「資料デジタル化について」をご参照ください。

デジタル画像をテレビやホームページに転載したい場合の案内がわかりにくいです。

平成28年6月にサイトポリシーの転載案内を見直し、転載にあたり申込みが必要なものと不要なものが分かりやすくなるよう配慮しました。
また、電話・メールによる問合せにも個別に対応しています。

このページの先頭へ