本文をスキップしてナビゲーションへ

インキュナブラ小辞典

[ 前へ | 次へ ]

縁飾り (border decoration, Umrahmung)

写本時代のデザインを踏襲して、本の第1葉や時祷書の各ページを装飾的な縁飾りで囲むデザインがインキュナブラでも行われました。手でイリュミネーションを施す作業の代わりに木版で印刷するやり方が主となりましたので、木版挿図の印刷を得意にした印刷者がよく用いました。またパリで多く印刷された時祷書は、周囲を聖書中の場面をあらわす図で囲むデザインがされ、木版ではなく金属彫版で印刷されたものもあります。

「ミサの神秘」の木版ボーダー 「ツール時祷書」の縁飾り 「ローマ時祷書」の金属彫版による縁飾り

画像にマウスを重ねると縁飾りをハイライト表示します。

[ 前へ | 次へ ]
| ホーム | ページの先頭 | インキュナブラ小事典 |
Copyright (C) 2004 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ページ終わり