本文をスキップしてナビゲーションへ

インキュナブラ小辞典

[ 前へ | 次へ ]

写本とインキュナブラのブックデザイン

左は当館の所蔵する中世写本、アリストテレス『オルガノン 霊魂論』です。14世紀か15世紀初めにパリで筆写されたとされるものです。右は1475年にヴェネツィアで印刷された『ラテン語聖書』です。欄外標題、イリュミネーションされたイニシアル、2段組など、デザインが非常に似ており、余白 (マージン) の取り方も似ています。このように、インキュナブラは中世写本のブックデザインを引き継いでいます。

アリストテレス「オルガノン」 「ラテン語聖書」

[ 前へ | 次へ ]
| ホーム | ページの先頭 | インキュナブラ小事典 |
Copyright (C) 2004 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ページ終わり