本文をスキップしてナビゲーションへ

インキュナブラ・コレクション

インキュナブラ・コレクション

ここでは当館の所蔵するインキュナブラあるいはインキュナブラ零葉を画像も併せて展示しています。書誌情報はISTCあるいはGoffに準拠し、GWの番号や使われている活字のTypenrepertorium番号も記載しました。青字になっている活字番号は、さらにそのフォントの画像も見ることができます。排列は地域順(「ドイツ」>「イタリア」>「フランス」>「ネーデルランド」>「イギリス」>「スペイン・ポルトガル」)で、地域内は印刷都市を展示品の年代の一番古いものの順に順序付け、印刷都市毎に印刷年の古い順に並んでいます。

インキュナブラ

インキュナブラの外観1 インキュナブラの外観2

国立国会図書館は現在のところ15点のインキュナブラを所蔵しています。今回展示している13点のうちアリストテレス「問題集」は当館の前身の帝国図書館が大正5年に購入したものです。またボーヴェのヴァンサン「自然の鑑」、「ラテン語聖書」は戦後に購入したものですが、残りはすべて寄贈していただいたものです。ユークリッド「幾何学原論」は高橋精之氏旧蔵のもの、他はすべて原昇氏旧蔵のものです。13点のインキュナブラのうち5点はドイツのもの、8点はイタリアのものです。

インキュナブラ零葉

零葉集の外観図

ここで展示している零葉 (オリジナル・インキュナブラからの1葉のみ) は1点を除き、ドイツのインキュナブラ学者コンラッド・ヘブラーが編集・解説した3種のインキュナブラ零葉集 (挿図はそのうちの1種) に入っているものです。ヘブラーはインキュナブラ活字の総覧 (1905-24) を作成した人ですが、その仕事から派生して活字フォントのファクシミリ集成 (1907-39) とこの零葉集 (1927-28) が刊行されました。零葉集は3種類作られ、ドイツの零葉集は115枚の零葉が、イタリアの零葉集は120枚の零葉が、その他の西ヨーロッパの零葉集は60枚の零葉が集められています。活字の実例集となるよう編集されており、それぞれの零葉には解説テキストが付けられています。ここではこの零葉集から54枚を選んで紹介いたしますとともに、マーガレット・スティルウェルがオリジナル零葉1枚を付けて刊行したGutenberg and the Catholicon of 1460 (New York, 1936) にある零葉も紹介いたします。

本展示会で紹介しているインキュナブラの全リスト

インキュナブラ一覧

当館が現在所蔵しているインキュナブラは15タイトルですが、その他に307タイトルのインキュナブラ零葉(インキュナブラのうちの1葉のみ)を所蔵しています。これらはオリジナルの印刷物ですが、実物大で複製されたファクシミリ版も所蔵していますので、これらを合わせると400点ほどのインキュナブラを部分的にせよ見ることができます。このうち300点はドイツまたはイタリアで印刷されたもので、両者ほぼ同数になります。以下フランスのものが約50点、イギリスのものが約20点、その他約30点となっています。印刷者としてはイギリスのWilliam CaxtonやWynkyn de Wordeのものが多いのですが、これらはいずれもファクシミリ版です。その他ではニュルンベルクのAnton Koberger、バーゼルのMichael Wenssler、ヴェネツィアのFranciscus Rennerのものが多く見られます。

以下の一覧は当館所蔵のインキュナブラ、零葉、ファクシミリ版について、インキュナブラの著者、書名、印刷都市、印刷者(プリンター)、印刷年、零葉の収録資料名、請求記号が分かるようにしたものです。著者、書名、印刷都市、印刷者(プリンター)はIISTCやGoffの形と同じにしています。従って印刷都市は英語形となっています。印刷年は推定のものを含めて月、日の情報は省略し、基本的に年のみ記されています。排列は、まず印刷者の活動したエリアでグループ化されており、エリアの排列順は次の通りです。1.ドイツ、2.イタリア、3.フランス、4.ネーデルランド、5.イギリス、6.スペイン・ポルトガル

同じエリア中は排列順位を印刷都市>印刷者>印刷年の順として、それぞれアルファベット順に、また同じ印刷者のものは印刷年の古い順に並んでいます(日本語で表記されているものはIISTCの形に読み替えています)。

表の中で色の変わっているインキュナブラはその画像を見ることができますので、ご利用ください。


| ホーム | ページの先頭 |
Copyright (C) 2004 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ページ終わり