メニュー表紙に戻るデジタル展示

展示

展示No.73

←前 次→


目次

索引

書名索引
人名索引
事項索引

地図

日本 畿内
世界 欧州

年表



出展目録

挨拶案内

特別展示





サイズの大きい画像がありますので、なるべくディスプレイの解像度を上げてご覧下さい。



 アリストテレス『オルガノン 霊魂論』 


 
標準画像(800x600,74KB)
大型画像(1280x960,174KB)

資料 Aristoteles.
 Organon. De anima.
Manuscript written in Paris, about 14-early 15th century. 1 v. 305 x 210 mm. Parch.
解題  『オルガノン』は中世の大学で使われた基本的論理学書で、「カテゴリー論」「命題論」「分析論」「トピカ」等からなる。展示本は当館の所蔵する唯一の彩色写本で、12葉または14葉による15の丁(quire)が1冊に製本され、最初の1葉を欠く。丁と丁のつなぎには当時の慣例としてキャッチ・ワードが書かれている。33行2段、獣皮にテクストゥラ体で筆写されており、少なくとも3人の写字生が製作に当たっている。旧蔵者としてベルギーのカルメル会士Johannes Guldener(又はGoldener)の名が見られる。
当館請求記号 WA42-29



NDL Logo 国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
TEL. 03-3581-2331(代表)
All Rights Reserved,Copyright(c) National Diet Library,Japan 1996-1998